情報一覧
今回の探検は「編集部おすすめの福岡・博多銘菓&土産」です

お土産探険隊シリーズ~福岡・博多編~

 みなさんこんにちは、『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。今回は、ちょっぴり遠征、九州の玄関口でもある福岡・博多を探険してまいりました。ここ名古屋からは、新幹線で3時間半ほど、飛行機なら約80分、グルメやショッピング、観光スポットが充実した大都市です。昨年、九州新幹線が全線開通したことで、九州全域へのアクセスがますます便利に。そんな“よか街”福岡・博多を訪れたら、さて、お土産は何にしよう・・・博多銘菓のおすすめは?喜ばれる名物って?・・・そんなあなたにピッタリな企画!駅や空港でも手軽に買える、お土産探検隊シリーズ~福岡・博多編~をお届けします。

日本一の海浜タワー『福岡タワー』
日本一の海浜タワー『福岡タワー』

 福岡、博多と言えば、食いしん坊の隊長がまず思い浮かべるのは、濃厚な豚骨スープと細麺が絡み合う『博多ラーメン』。市内には、あの有名な中洲のラーメン屋台をはじめ、多くのラーメン店が軒を連ねています。胃袋に自信のある方には食べ歩きもおすすめ☆そして、言わずとしれた福岡の『辛子明太子』、土産物店では、必ずと言っていいほど明太子を取り扱っていて、明太子を使った菓子や商品もずらり。他には、博多もつ鍋、そして玄海灘の新鮮な魚介類などもぜひ味わってみてください。もちろんグルメだけでなく、観光スポットもいろいろ。市内中心部にある市民の憩いスポット『大濠公園』や、 360度のパノラマが楽しめる日本一の海浜タワー『福岡タワー』、そして菅原道真公を祀る『太宰府天満宮』など、見どころがいっぱい。

仲良く電車に乗るひよ子たち、可愛すぎ!
仲良く電車に乗るひよ子たち、可愛すぎ!

 そんな福岡・博多のおすすめ土産を早速ご紹介したいと思います。東京土産としてもおなじみ、あの愛くるしい銘菓、ひよ子本舗吉野堂の『ひよ子』は、実は福岡が発祥なんです!だから福岡には可愛い『ひよ子』シリーズがいっぱいで、どれにしようか迷ってしまいそう♪そんな中、博多駅にお寄りの際は、是非これを探してみてください。JR博多駅限定販売の『ひよ子家族』は、大きさの異なる家族(父ひよ子、母ひよ子、兄ひよ子、妹ひよ子の4羽)が仲良く電車ごっこ。そのほほえましい姿に、思わずニッコリしちゃいます☆

大ひよ子と通常ひよ子、並べると・・・
大ひよ子と通常ひよ子、並べると・・・

 続いても『ひよ子』シリーズ、隊長のおすすめは『大ひよ子』。可愛らしさはそのままに、5倍サイズとなったジャンボひよ子なんです!見た目のインパクトも大で、もちろん重量感たっぷり。お土産としてもウケること間違いなし!でも、これを切り分けて皆で食べるのって、ちょっと可哀想な気もしますね・・・。と言いつつ、美味しくいただきました。味はもちろん、普通のひよ子と全く同じです。

◎ひよ子本舗吉野堂
・ひよ子家族 840円
・大ひよ子 630円
※ひよ子家族はJR博多駅&通販限定

どなたにも喜ばれる味『博多通りもん』
どなたにも喜ばれる味『博多通りもん』

 今、博多で最も売れている銘菓が、この『博多通りもん』だそうな。あのモンドセレクションで12年連続金賞を受賞したという、人気の和スイーツです。口の中にふわっと広がってとけてゆく、しっとりミルキーな柔らか白あん。これは和菓子?洋菓子?どっちなの??コーヒーにもお茶にも見事にマッチする、思わずクセになっちゃう不思議なまんじゅうです。

◎明月堂 『博多通りもん』
6個入り 630円
10個入り 1,050円
※博多を中心に福岡市近郊にて販売。通販あり。

ピリッした辛さがクセになる!
ピリッした辛さがクセになる!

 明太子商品を製造する福太郎が販売する、テレビなどでも紹介されたという人気のお菓子『めんべい』は、ピリッとした辛子明太子の旨みと辛さがたまらないおせんべいです。福太郎の明太子のほかにもイカ、タコを使用し、魚介類のハーモニーが絶妙、おやつにもおつまみにもぴったりの味。美味しい・軽い・安いの三拍子が揃った嬉しい博多土産です。甘いものが苦手な方へのお土産としても是非!

◎福太郎 『めんべい』
2枚×8袋入り 420円
2枚×20袋入り 1,050円
※駅、空港、土産物店などで購入可。通販あり。

次ページ でも、おすすめの福岡・博多土産、まだまだ続きますよ☆