情報一覧
今回の探検は『長野県阿智村で交流ツアー』です

長野の桃源郷・ハナモモの里「阿智村」へ

 みなさんこんにちは、『オピ・探検隊』のA隊員です。皆さん、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたでしょうか?中には9連休!なんていう羨ましい方もいらっしゃるはず。私は残念ながらカレンダー通りのお休みでしたが、GW後半には『阿智村ツアー』なるものに参加してきました!このツアー、実は、長野県阿智村出身の友人達が考えたという完全オリジナルツアーなのです。名古屋から60人の若者が村に赴き、村の方々と交流しながら、阿智村の魅力を存分に堪能してまいりました♪

空の青と山の緑とハナモモのピンクが鮮やか
空の青と山の緑とハナモモのピンクが鮮やか

 今回は、その人情味溢れる心温かなツアーの詳細をレポートさせて頂きますので、お付き合いくださいませ☆おっと、その前に・・・「阿智村とはどこぞや?」なんて思われる人も少なくないと思うので、ちょっと説明いたしますと、阿智村は長野県の西南部に位置し、標高410mから2191mまでの山間地に60の集落が点在する村で、観光地としては『昼神温泉』などが有名です。「村」と聞くと、とても山奥・・・なイメージもありますが、ちゃんとコンビニもありますし、想像していたよりも“町”でした(笑)

アーチのように迎えてくれるハナモモ
アーチのように迎えてくれるハナモモ

 さて、そんな長野県阿智村までは、名古屋から高速を使えば、車で1時間半ほど。園原ICを降りて国道256号を走ると「はなもも街道」と呼ばれる道路沿いに続くハナモモ並木が迎えてくれます。ハナモモ(花桃)とは、八重桜に似た花弁をもつ3色の美しいバラ科の花で、村のあちこちに咲いて、見る者を和ませてくれます。阿智村は、ハナモモの名所としても知られているんですよ。

清内路ではまだまだ蕾のところも
清内路ではまだまだ蕾のところも

 春の遅い信州の山間地では、桜が咲いた後のちょうど連休頃が見ごろで、私が行った頃は、まさにピークの真っ只中!行く先々で満開のハナモモに囲まれ、まるで桃源郷にいるかのような気分でした。今年は開花が遅かったのと、標高が高い地域ではまだ蕾の所もあったので「ハナモモが見てみたい!」と思ったそこのアナタ、5月中旬あたりがラストチャンスかもしれません、急いでくださいね!(花桃まつりは5月13日(日)まで)

次ページ では、いよいよ阿智村交流ツアーをご紹介☆