情報一覧
今回の探険は『おすすめの金環日食観測グッズ』 です

2012年5月21日は
金環日食を見よう!

 みなさんこんにちは、『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。皆さーーーん、今年の5月21日が何の日かってご存知ですか?天文ファンなら待ち遠しくて仕方ない!というほど、まさに歴史的な日とも言えるのですが・・・。そう、あの某大物アーティストの曲の歌詞にも出てくることでも有名な、非常に珍しい「金環食」こと「金環日食」が拝めるのであります!東京や静岡、和歌山南部あたりでは、まさにベストな状態の“金の環”が見えることから、全国的にも注目が高まりつつある今日このごろ。もちろん、ここ名古屋でも美しい金環日食を楽しむことができるんですよ☆

美しいリングが浮き上がる金環日食 ※イメージです
美しいリングが浮き上がる金環日食 ※イメージです

 国内での金環日食は、1987年9月に沖縄で観測されて以来25年ぶり。しかも今回、日本の太平洋側を中心とするこれだけの広範囲で見られるというのは、実に932年ぶり(なんと平安時代!)だとか。ちなみに名古屋では、午前7時29分50秒から金環食が始まり、食の最大(ピーク)は7時31分36秒、終わるのが7時33分18秒。太陽が月に隠される天体現象“日食”は、3種類に分けられます。太陽・月・地球の位置関係で異なるのですが、しばしば見られるのは部分日食で、月が部分的に太陽を隠す場合です。

神秘的な皆既日食 ※イメージです
神秘的な皆既日食 ※イメージです

 2009年7月22日に話題となり、日食観測ツアーも実施されたものの、残念ながら天候に恵まれず拝めなかったエリアも多かった・・・という、あの“皆既日食”は、月が地球に近づき見かけ上は大きく見える時、その後方に位置する太陽がすっぽり隠れる現象。太陽は100%欠けるため空は薄暗く、普段は見ることのできないコロナも見られます。太陽光が1カ所だけ漏れ出て輝く“ダイヤモンドリング”も、皆既日食ならでは。一方、月が地球から離れた時、見かけ上は小さく見えるので太陽を隠しきれず、手前に黒く見える月の外円に、後方にある太陽の周辺部だけが浮き上がってリング状に輝く現象が、今回の金環日食というわけ。金環日食は、皆既月食と違ってあまり暗くなりません。ちなみに“月食”は、月が太陽の反対側にまわって地球の影に入ることを言い、両者は似て非なるもの。

日食グラスのデザインもいろいろ
日食グラスのデザインもいろいろ

 さあ、そんな金環日食観察の前に、注意事項を並べてみました。
(1)肉眼では絶対に見てはいけません。金環日食と言えども、光は強いのです。
(2)必ず太陽観察専用の製品を使いましょう。例えば日食グラス、日食プレートなど。目に有害な光線を遮光する必要があるので、対応した製品を用意しましょう。
(3)黒い下敷き、普通のサングラス、ススをつけたガラスなど、代用品の使用は絶対にやめてください。見た目は日食グッズに似ていますが、目を痛める原因となり、失明のおそれもあります。
(4)日食の観測中、目に少しでも異常を感じたら観察をやめましょう。

パンダ隊長、パンダに変身して日食観察
パンダ隊長、パンダに変身して日食観察

 既に名古屋市内のデパートや商店などでは、望遠鏡をはじめとする観測グッズなど“金環食商戦”の火ぶたを切り、旅行各社も“金環食ツアー”なるものを設定、なかなか好評の様子。ビクセン社の日食グラスは、ちょっぴりお値段は張りますが、高品位遮光プレート“ソーラープロテック”を使用するなど、安全面への配慮はもちろん、デザイン性の高さもGOOD。中でも隊長のイチ押しは、かけるとパンダになっちゃう日食グラス!ほら、すっかりパンダ気分です♪こういう遊び心は大人になっても忘れてはいけませんね。他にも、キャラクターや映画とのコラボなど様々なデザインがあるので、好みのものを見つけてみてください。日食ガイドブック付き。

『ビクセン 日食グラス パンダ柄』 1,480円
『ビクセン 日食グラス ゼブラ柄』 1,480円
いずれも  http://www.vixen.co.jp/

次ページ でも、編集部おすすめの日食グッズ、まだまだ続きますよ☆