情報一覧
今回の探検は『ナゴヤの節電事情&猛暑対策を調査』です

今夏は、節電&猛暑を
上手に乗り切ろう!

 みなさんこんにちは、『オピ探検隊』のパンダ隊長です。高校球児たちが懸命に白球を追い掛ける熱い姿に感動しつつも・・・いやぁ~暑い!名古屋の夏は、とにかく暑い!今年も猛暑日が続きそうです。そんな中、追い討ちをかけるように、日本全体は節電必至、もう踏んだり蹴ったり?!そこで、ナゴヤ女性962人に、節電&猛暑対策についてのアンケートを実施、皆様それぞれの工夫を調査してみました!

~節電編~

 東日本大震災の影響から、原発停止などの電力事情により、今や日本の電気の供給能力は不足事態。自治体や各企業では、エアコンの温度設定の徹底や、各種機器の待機電力削減、休日の変更、クールビズ推奨など、様々な節電対策を図っています。では、家庭でも出来ることって?ひとえに節電と言ってもいろいろですが、寄せられた意見・アイデアからトップ5を発表!

<1位>電気を消す・コンセントを抜く

・こまめに電源を落とす・電気を消す
・使わないコンセントは抜く
・スイッチ付コンセントを使って待機電力を減らす
・たまにしか使わない家電は主電源を切る
・いる場所だけ電気を付け、他は消して回る
・部屋の照明は暗めに
・オフィスでは極力電気をつけない
・便座の温度設定を弱、もしくは切る
・蛍光灯の本数を減らす

 1位はダントツで「電気を消す・コンセントを抜く」でした。我慢も手間も必要なく、お手軽な方法のひとつと言えるでしょう。使わないモノや誰もいない部屋の電気を消すのは当たり前のこと。電灯などのスイッチを頻繁に入れたり切ったりすると、余計に電力がかかるのでは?と思う方もいるようですが、その電力は些細なもの。1分でも切った方が節電になります。また、機種にもよりますが、給湯機器、映像・音響機器などは待機電力が大きいため、使わない際はプラグを抜いておいたり、スイッチ付きタップを活用するのがおすすめ。テレビもリモコンで切るだけでなく、主電源から落としましょう。終始付けっぱなしだったり、電力を待機させている電化製品を、この機会に見直してみましょう。

<2位>エアコン対策

・28度に設定
・設定温度を下げすぎず、自然の風を利用して、極力冷房に頼らない
・寝る前だけつける(お風呂に入る前までは汗だくでもうちわでガマン!)
・エアコンはなるべく使わず、扇風機を利用
・使わない、我慢
・エアコンをつける部屋に出来るだけ家族で集合する
・一人の時はなるべくエアコンをつけない
・日が入る窓にはよしずを利用して室内を冷えやすくする
・すだれを付けて、温度を下げる
・朝顔のツタで日差しを和らげ、エアコンの使用を減らす

 夏場、最も電力を消費するのがエアコン。設定温度を上げたり、扇風機を併用したり、よしずやすだれを活用したりと、各家庭で対策している様子。中には「耐える」「つけない」「扇風機のみで我慢」という声もありましたが、ナゴヤの夏は特に暑い!そんな中での過度な我慢は熱中症などの原因になりかねないため、くれぐれも無理をせず、体調と相談してくださいね。特に夜間は、電力に比較的余裕があるので、上手に活用を。また、機種にもよりますが、一般的には“ドライ”よりも“冷房”の方が電力の消費を抑えられるそう。さらに、微・弱運転で長く運転させるよりも、自動運転に切り替えた方が、設定温度に達すると運転休止するので、節電につながりますよ。フィルターの掃除をまめにしたり、室外機のまわりに物を置かないようにするのもポイントです。

<3位>早寝早起き

・早く寝る
・早寝早起きを心がける
・夜、早く寝る。電灯代の節約になる

 意外に多くて驚いたのが、早寝早起き!確かに、夜更かしをしないことが節電につながりますね。コストもかからず健康的ですし、早朝は昼間よりも気温が低くて過ごしやすいので、家事などを済ませておくのも一つの手ですね。

<4位>冷蔵庫対策

・冷蔵庫に厚手のビニールを貼り、冷気が漏れるのを防ぐ
・冷蔵庫に節電用のカーテンをつけ、取り出す際はまとめて取り出し、扉を開けっぱなしにしない
・冷蔵庫の開閉をすばやく!!!
・中のものをさっと取り出せるよう配置を工夫
・冷蔵庫に食品を入れすぎない
・冷たいお茶を飲むのに何度も冷蔵庫を開けなくてもいいように、家の中でもジャグにお茶を冷やしておく

 エアコンの次に電力を消費するのが冷蔵庫。かと言って、さすがに電源を落とすわけにはいきません・・・。400リットルクラスの冷蔵庫で、冷蔵度を「強」→「中」にすると、平均11%の省エネ効果があるそうです。冷蔵庫は詰めすぎないこと、逆に冷凍庫はぎっしり詰めると、保冷効果が上がります。寄せられた声にもあるように、節電用カーテンも今年は特に売れています。冷蔵庫を開けるたび「涼しい~」と、ドアを開けたまま涼みかける隊長、反省・・・。

<5位>省エネ・LED対策

・電球、蛍光灯をLEDにチェンジ
・家の電灯をLEDに買い換えた
・家電製品購入時、ECO商品を購入しているのと、家電は常に省エネ設定
・電化製品を買う時、省エネマークのついたエコなものを購入

 LED(発光ダイオード)電球は、白熱電球に比べて40倍近い寿命があり、消費電力も8分の1程度で済むことから、省エネです。今まではどうしても高いイメージがありましたが、出始めた頃と比較すれば、かなりお手頃価格になってきており、節電傾向の今年は、ついにLED電球の販売数が白熱電球を上回ったそう。これを機に、買い替えを検討してみてはいかが?

そのほかにも、こんな少数意見が。

・とにかく全ての物を最小限にして無駄を省く
・ひたすら我慢
・節電以前に全てのことに節約している
・ご飯は「エコ炊き」モードで早く炊けるようにする
・圧力鍋でゴハンを炊いてます。なんと5分で炊けちゃいまーす!
・ゆでる&蒸すときはナベ・スチームクッカーでまとめて加熱する
・昼間は家中のカーテンを閉めて出かける。少しでも室温をあげないようにしておけば、帰宅後も冷房に頼らず過ごせる
・西側は、午後から窓のカーテンを閉める
・テレビは居間で家族集まってみる
・家族団欒は同じ部屋でする
・なるべく一部屋で過ごすように家族と協力をしています
・ひんやりグッズをフル活用で節電
・夫婦一緒にお風呂に入る

次ページ では、猛暑対策。定番どころから、ちょっとユニークなものまで、あれこれご紹介します。