情報一覧
今回の探検は「パワースポット☆奈良ぶらり旅」です

平城遷都1300年で
注目の奈良へ!

 みなさんこんにちは、『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。歴史で習った“なんと(710)見事な平城京”・・・でお馴染みの奈良が、今年で平城遷都1300年を迎え、盛り上がりを見せています。秘宝・秘仏の特別公開や、大規模イベント等も開催されるとのこと、これは目が離せません。隊長、ひと足お先に“奈良”の旅へ行ってまいりました!

朱塗りの回廊。そびえ建つのは楼門
朱塗りの回廊。そびえ建つのは楼門

 天理市にある日本最古の神社として有名な「石上神宮」は、日本最古の道である“山の辺の道”の起点になっていて、最強パワースポットとしても知られています。ちなみに、いしがみではなく、いそのかみと読むんですよ。うっそうとした木々に囲まれる静かな境内では、鶏が放し飼いになっており、可愛らしい中にも神々しさが。美しい朱塗りの回廊を横目に石段を登り、楼門(重要文化財)をくぐると、正面に拝殿が見えてきます。

楼門から拝殿をのぞむ
楼門から拝殿をのぞむ

 背筋をピンと伸ばさずにはいられないような、厳かな気持ちにさせられるのが不思議です。拝殿の後方には本殿が建っているのですが、そこはもともと“禁足地”と呼ばれる、人が踏み入ることが出来ない神聖な場所で、明治時代に発掘してみたところ、七支刀(国宝)をはじめとする神剣や勾玉など多くの神宝が出土したそう!古社の大いなるパワーを感じてみてください。

●石上(いそのかみ)神宮
天理市布留町384(JR・近鉄天理駅より徒歩約30分)
0743-62-0900
※境内自由 

左は金堂、右は五重塔。いずれも国宝
左は金堂、右は五重塔。いずれも国宝

 日本最初の世界文化遺産に登録された「法隆寺」は、知らない人はいないほど、奈良観光の定番。聖徳太子が創建した世界最古の木造建築として広く知られており、有名な五重塔や金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分かれています。広い境内には、国宝や重要文化財に指定されている建立物や仏像、工芸品などが2300点以上も!とにかくみどころが満載なんです。

東大門へ続く石道
東大門へ続く石道

 大宝蔵院には、百済観音像や玉虫厨子、夢違観音像など、国を代表する大変貴重で有名な宝物が多く安置されていて、特に、百済観音像のすらりとした美しさには息を飲むほど。じっくり見て回りたいなら、2~3時間ほど見ておくのがベスト。飛鳥時代の仏教美術を堪能しましょう。

●法隆寺
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅よりバスで約8分)
0745-75-2555
拝観料:1000円(西院・東院・大宝蔵院共通)

  次ページ でも、引き続き奈良の魅力をたっぷりご紹介☆