情報一覧
今回の探検は『都市伝説ホラーハウス あきらIIに潜入』です。

“最恐”のお化け屋敷が名古屋に出現!

 みなさんこんにちは。『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。ご存知ですか?今夏も、名古屋のど真ん中にアレが帰ってきてしまったことを・・・。昨年、ナゴヤドームにて最高4時間待ちの大盛況、見る者全てを恐怖で震撼させたという人気アトラクション『最恐!都市伝説ホラーハウス あきら』が、さらに恐怖度をパワーアップした第2弾として、栄のオアシス21に出現したのです!

猛暑の中、開場前からズラリと列が!
猛暑の中、開場前からズラリと列が!

 皆さんを恐怖のどん底に陥れるこのアトラクションは、東海地区に伝わるさまざまな都市伝説で構成された『東海都市伝説』と、行方不明の主人公あきらの墓を巡る『怨霊墓地』の2部制です。心臓に自信のない方はご遠慮くださいね。もしお化けに遭遇したら、取り憑かれてしまうためすぐ逃げてくださいね。怖すぎてもお連れ様を置いていかないように、なぜなら二度と会えませんからね・・・。

これを首からかければ怖いものなし、悪霊退散?!
これを首からかければ怖いものなし、悪霊退散?!

 お化け屋敷では、誰かに必ず捕まりながら下を向いて歩く臆病者の隊長が、恐怖で腰を抜かしそうになりながらも、皆様のために潜入レポをお届けします!これから恐怖を味わう方々のためにも、ネタバレしない程度にご紹介。メインの『東海都市伝説』では、入口のカーテンをくぐると、まずは妖怪新聞の記者さんによる写真撮影ということで、ひとまずホッ。隊長も、うらめしやポーズでパシャッ。そして、その場で写真入りのお守りを手渡してくれます。これを持っていよいよ出発・・・。

このトンネル、顔がいっぱいで不気味すぎ
このトンネル、顔がいっぱいで不気味すぎ

 愛知や三重の某トンネルや、岐阜某所にある廃墟旅館、外人墓地や幽霊屋敷など、東海地区に実在する有名心霊スポットをいくつも再現してあり、想像しただけでも鳥肌が!真っ暗闇の中、不気味なうめき声、前に入っていった人の絶叫など、入口のカーテンをくぐった直後から、既に震えが止まりません・・・。顔がぎっしりの不気味なトンネルを通り抜けるのも、短い距離のはずなのに、なかなか出られなーい。そのトンネルもようやく出口に差し掛かった頃に・・・ギャーーー!これ以上、隊長の口からは言えません・・・。

中央の女の子の左肩あたりに注目・・・
中央の女の子の左肩あたりに注目・・・

 初日は、スペシャルサポーターゲストとして『SKE48』代表の可愛い女の子5名も会場に訪れて記念撮影。その後「え?中に入るなんて聞いてないですぅぅ!」と、悲痛な叫びを残し、恐怖の空間へと吸い込まれていきました・・・。そう、彼女たちも涙ながらに絶叫したポイントの1つである外人墓地では、設置された公衆電話が突然鳴り出します。誰かが出るまで鳴り止みませんから、ちゃんと出てみてください。すると、この写真のように・・・ギャーーー!これ以上、隊長の口からは言えません・・・。

次ページ でも、恐怖はまだまだ続く・・・読まないと呪われるかも?!