情報一覧
今回の探検は『おにぎりトランプで遊ぼう』です。

思わず腹ペコ!美味しいカードゲーム

 みなさんこんにちは。『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。雨がシトシト降り続くので何となく外出する気分にもなれず、せっかくのお休みが台無しになりがちなこの梅雨どき。じゃあ、家の中で楽しめばいいんじゃない?と、今回は探検隊が入手した、とっても楽しくて美味しい(?)ゲームをご紹介。いろいろな遊び方をレポートします。

カゴに竹皮を敷いて乗せれば、本物みたい!?
カゴに竹皮を敷いて乗せれば、本物みたい!?

 これは『おにぎりトランプ』と言って、全54枚のカードに、定番もの~変わりネタまで、種類の異なるおにぎりが描かれている新しいカードゲーム。見ているだけで思わずよだれが出ちゃいそうなリアルさと、コロンとしたフォルムの可愛さが、女性の心も胃袋もギュッと鷲掴み?!スペード=白ごはん、ダイヤ=混ぜごはん、クローバー=巻きごはん、ハート=雑穀米に分けられていて、具も細部までこだわりが見えます。隊員たちも「美味しそう」「思わずかじりたくなっちゃう」と大絶賛。カードには、スートや数字のほか、おにぎりの種類、食材マークなどが記載されていて、普通のトランプとしても使えますが、せっかくですからオリジナルルールで遊んでみましょう。

やった~!好物のつくねとからあげをGETしたM隊員
やった~!好物のつくねとからあげをGETしたM隊員

 まずは「胃腸衰弱」から。ルールはあの神経衰弱とほぼ同じ。52枚+チョコバナナJOKER(想像すると怖すぎる!)の53枚を裏返し、カードを2枚ずつ引いていきます。ただし、運悪くJOKERを引いてしまった場合、手持ちのカード3組+JOKERを場に戻さねばならないので要注意。一般的なトランプと違い、具の柄と形に惑わされ隊員たちは四苦八苦、手持ちカードは一向に増えず・・・。なぜか、恐怖のチョコバナナJOKERに出くわす確率が高く、「難しい」「覚えられない」と、半泣き状態。それでも、並べたおにぎりを眺めているだけで幸せ気分だったそうです♪。

あっ!それはもしや“肉”のカードでは?
あっ!それはもしや“肉”のカードでは?

 次は「にくごはん」と言って、ぶたのしっぽ的なゲーム。並べる形こそ同じでも、ルールはやや異なります。プレイヤーは順番に引いたカードを、表向きにしてしっぽの真ん中部分に置いていきます。このとき、2(豚:とんかつなど)、9(牛:牛しぐれなど)、5(鶏:つくねなど)の“肉”の具カードが出た場合、素早くタッチ!!一番早かった人が、場のカードを全部もらえます。しっぽがなくなるまで引き続け、手持ちカードが一番多い人の勝ち。これは簡単で面白い!と隊員にも好評、かなりの盛り上がりを見せていました。慣れてくると、数字よりも具をちらっと見ただけで判断できるように。ちなみに、優勝したのは24枚獲得のM隊員でした。おっと、爪を伸ばしている方は、白熱しすぎて流血騒動にならないようご注意を(笑)

次ページ でも、まだまだゲームは続きますよ☆