情報一覧
今回の探検は『食品サンプル教室にお邪魔しました』です。

驚きと感動☆食品サンプル作りに挑戦

 みなさんこんにちは。『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。今回は、隊長“食品サンプル”作りをしてまいりました。一度は体験してみたいと思われる方も多いのでは?その食品をリアルに伝え、お店や料理の魅力を最大限に引き出すという重要な役割を担っている食品サンプルたち。そんなサンプル作りを体験できることで有名なのは、このあたりだと岐阜県の郡上八幡ですが、実は名古屋市内にもあるんです。

どれも本物と区別がつかないほど!!
どれも本物と区別がつかないほど!!

 名古屋市天白区の旭食品サンプル製作所では、食品サンプルの製作・販売のほか、あのTVチャンピオンに出場経験のある、職人歴40年の社長である岡邦夫さん(愛称クニさん)による「サンプル教室」を実施しています。店内には、本物と見間違うほどの見事なサンプルがずらり!ここにあるのは全てニセ物なんだと頭では理解していても、どれも美味しそうな香りが漂ってくるような気がしてならないのが不思議です。見た目はもちろんのこと、手に取った感触や重さも本物とそっくり。1点1点、職人の手で丁寧に作られているんですね。

隊長、呼吸を忘れちゃうほど真剣そのもの!
隊長、呼吸を忘れちゃうほど真剣そのもの!

 可愛いパフェ作りからスタート。まずは、パフェに添える果物(8種)とソース(7種)から、それぞれ好みのものを選びます。どの果物もリアルで、そのままパクッとお口に運びたくなっちゃうほど!うーん迷う・・・全部乗せちゃいけませんか?彩りを考えてメロンとイチゴを、ソースはブルーハワイに決定。そして、容器にソース(グリセリンに色を付けたもの)を流し、そこへシリコン製のソフトクリームをグニュ~ッと絞っていきます。いつも笑顔のクニさんですが、大事な場面では、真剣な眼差しで作業を見守ります。さすがは職人!

オリジナルパフェ、美味しそうでしょ♪
オリジナルパフェ、美味しそうでしょ♪

 不器用な隊長でも、それなりの形に仕上がりひと安心。メロンとイチゴを添え、最後にカラースプレーをお好みでパラパラ~ッと振りかければ、世界でたった1つだけのオリジナルパフェが完成!自分で作ったパフェが愛おしくて仕方ありません♪中には、自らフルーツまでこだわって作った方や、通い続けて20種類もパフェを作ったというお客様も!(部屋に飾っておくのだそうですよ・・・)ミニチュアサンプルを使ったピアスや、マカロンの電球を作った女性もいらっしゃるそうで、こんなものを作りたい!というリクエストにも対応可能。アイデア次第で可能性は無限に広がります。

次ページ では、ろうを使ったレタスや天ぷら作りをご紹介。簡単?それとも難しい?