情報一覧
今回の探検は「広島グルメ&スイーツを調査せよ」です。

食べにきんさい☆広島グルメ

 みなさんこんにちは。『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。このたび隊長は、厳島神社や原爆ドームの世界遺産をはじめ、紅葉の見ごろを迎えた、見どころ満載・秋の広島へ行ってまいりました。そこで出会った、おすすめ絶品グルメの数々をご紹介します!

広島と言えばオタフクソース。たっぷりかけて☆
広島と言えばオタフクソース。たっぷりかけて☆

 広島と言えば、やっぱりお好み焼き!皮を薄く敷き、その上にキャベツやそばをたっぷりのせて焼く、ボリューム満点のものが広島では主流。隊長、当日は朝5時半起床プラス朝食抜きのため、とにかく腹ごしらえが先決。早速、広島駅の新幹線口名店街にあるお好み焼き屋『高砂○本店』へ。駅地下という便利な立地に加え、開店が午前10時~なのも嬉しい限り。牡蠣、海老、生タコなど豪華海鮮たっぷりのお好み焼きに加え、さらに焼き牡蠣2個が付く、お得な『高砂セット』を注文。「お待たせしました~」目の前には、皿にどーんと盛られたお好み焼きがやってきました。こんなに食べられないかも・・・と思うほどのボリュームですが、あっさりとしているのでどんどん箸が進み、あれ?気付けば完食♪焼き牡蠣のジューシーさにも大満足。駅に着いたらまずは美味しいお好み焼きが食べたい、帰り際に広島グルメの思い出づくり・・・なんて方にピッタリのお店。駅地下だからと言って、あなどるなかれ。
★『高砂○本店』データ : 高砂セット1980円

村長さん(?)の手際の良さは感動もの!
村長さん(?)の手際の良さは感動もの!

 せっかく広島に来たんだもの、3食+夜食もお好み焼きを食べようじゃありませんか!広島の繁華街、八丁堀へ繰り出すと、候補地に挙げていたお好み焼きの名店は、どこもかしこも既に大行列・・・。その中の1軒『村長の店』に何とか入ることが出来ました。しかし、隊長が入店した5分後には、既に入店待ちの行列が。ギリギリセーフだったようですね、ホッ。オススメはカウンター席。目の前でたくさん焼かれるお好み焼きを、まずは見て楽しめちゃいます。華麗なコテさばきに目が回りそう!店員さん達の連携プレーも息がピッタリで、焼きあがったお好み焼きががどんどん運ばれていきます。

目の前の鉄板に置いてくれるのでアツアツ。
目の前の鉄板に置いてくれるのでアツアツ。

 茹でたての生麺、生イカ、えび、豚肉、玉子が入った『村長スペシャル』は、そばのコシ、キャベツのしゃきしゃき感が絶妙。ツウは必ずトッピングするという“イカ天”もちゃんと入っていましたよ。甘辛いオリジナルソースをたっぷりとかけ、あっという間に完食!ちなみに、そばをうどんにチェンジすることも可能です。隊長、うどん入りにももちろんチャレンジ。これが意外にマッチ、美味しいんですよ。焼き上がりを眺めていたところ、20人に1人ほどの確率でうどんのオーダーが入っていました。
★『村長の店』データ : 村長スペシャル1080円、そば入り780円

次ページ は、広島と言えば!名物の牡蠣特集です!