情報一覧
今回の探検は「話題の“猫カフェ”を調査せよ」です。

猫も杓子も“魔法”にかけられるニャン

 みなさんこんにちは。『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。突然ですが、あなたは「犬派」ですか?「猫派」ですか?隊長の私は、断然「犬派」ですが、なぜか猫がとっても気になる今日この頃。先日、猫好きのM隊員が「猫カフェにハマっています」と。え?猫カフェって何ですか?写真を見せてもらうと、それはそれは可愛い猫がいっぱい!祖父母宅の飼い猫ミー(雑種メス)にはなぜか嫌われ、触ろうとするたび毎回逃げられる隊長ですが、ここならきっと!ということで、今回は“猫カフェ”初体験です。

広く明るい店内で、自由気ままな猫スタッフ
広く明るい店内で、自由気ままな猫スタッフ

 猫好きのM隊員を引き連れておじゃましたのは、名古屋市中区にある、猫カフェ&癒しの空間『猫のまほう』さん。店内に入ると、ざっと20匹ほどの猫スタッフ(ここにいる猫たちは、“スタッフ”なんです)によるお出迎え♪といっても、自由気ままに動き回っていて、隊長など眼中にない様子・・・。スタッフ達は、どこをどう触れたら喜んでくれるのか、絡み方もいまいち分からず、可愛い姿を目で追いながらもボォーッとたたずむのみの隊長。その横で、オモチャや猫じゃらしを巧みに使いこなし、名前もすぐ記憶してしまう楽しげなM隊員。今日だけは“師匠”と呼ばせてください。

 

ラブリーなトラ猫、ブンくんに初タッチ!
ラブリーなトラ猫、ブンくんに初タッチ!

 隊長、まずはナデナデにチャレンジ。おそるおそる手を伸ばし、そーっと眉間あたりをナデナデ・・・柔らかくて温かくて、とてもおとなしい。ななななんて可愛いんでしょう!「中には触られるのが嫌いな子もいるので、気をつけてくださいね~」とスタッフさん。その後、1人でご来店の中年男性が、そんな要注意猫ちゃんを知らずにタッチ。「シャーーッ!」と怒られ、悲しそうに手を引っ込めていました。お気の毒に・・・。