Part.1 たおやかコーディネート Part.2 大人ゆかた着こなし六ヶ条 Part.3 ゆかたで出掛ける夏イベント
大人ゆかた 夏きもの 其ノ一~其ノ三 其ノ四~其ノ六 名古屋市内・愛知 岐阜・三重
Part2. 大人ゆかた着こなし六ヶ条 其ノ一~其ノ三。ゆかたの基本ルールや上級者の着こなし術を、和装のプロに教えてもらいました。これを知っておけば、ワンランク上のスタイルが楽しめます。 松坂屋本店 呉服売り場ゆかた担当 鬼頭香代さん。本館8F「ゆかた8番街」にて和装で店頭に立ち、ゆかた選びの心強いサポートをしてくれる
其ノ一、柄選びは季節を考慮すべし

基本的には気に入った柄を選べばいいのですが、ものによっては、季節が限定されることもありますので、季節感を考えながら選べば楽しみが広がります。盛夏なら白地や紺地、そして流水、花火、ひまわり、雪輪といった涼しげな色柄を、9月には秋草やとんぼなど秋を連想させるモチーフを選びましょう。また、季節を問わない古典柄は長く着られます。

1.昔から使われている流水柄は、7、8月の盛夏に涼やかに着たい。 ゆかた3万4650円(撫松庵/三越 名古屋栄店) 2.キキョウ、ナデシコ、ススキなどの秋草が描かれた晩夏にぴったりの一枚。 ゆかた3万6750円(夢工房/ジェイアール名古屋タカシマヤ) 3.可愛らしさのある鞠柄は、季節を問わない古典柄の代表格。 ゆかた3万450円(夢工房/ジェイアール名古屋タカシマヤ)
其ノ二、ハリのある上質素材を選ぶべし

ゆかたの素材として一般的なのは平織りの綿ですが、大人っぽく着こなしたいなら、同じ綿でも織り方が異なり、上質感が出る紅梅や絽、シャリ感のある麻混の生地などがおすすめです。また、最近多く出ているのがポリエステルの生地。夏きもののような風合いがあり、発色もきれい。座ってもシワになりづらく、洗濯機で洗えるのでお手入れも簡単です。

1.横筋状に透かし目があり涼しげな「綿絽」は、きものとしての着こなしにも通用する。 ゆかた3万6750円(夢工房/ジェイアール名古屋タカシマヤ) 2.「綿紅梅」は夏の高級素材。きものとして着こなせばフォーマルな場にも対応。 ゆかた3万6750円(夢工房/ジェイアール名古屋タカシマヤ) 3.新素材として注目のポリエステル。サラリとした質感で吸汗性にも優れている。 ゆかた3万4650円(撫松庵/松坂屋本店)
其ノ三、大人っぽい小物合わせが重要

ゆかたの着こなしに必要不可欠なバッグや髪飾りは、上質なものを選んで差を付けたいですね。籐のカゴやクラッチバッグなどを合わせるとお洒落です。髪飾りはべっ甲やスワロフスキーの石が付いたものなど、素材の良いものがたくさん出ています。また、ゆかたでお出掛けするシーンでは、日傘や扇子があるとこなれた印象です。

持ち手にも籐が使われたかごバッグは、大人の街歩きに相応しい。 バッグ1万5750円(涼小町/松坂屋本店) 籐を使ったインポートのクラッチバッグを合わせればこなれた雰囲気に。 バッグ(スタイリスト私物)
三味線のバチをモチーフにしたべっ甲風の髪飾り。 かんざし5775円(ジェイアール名古屋タカシマヤ)
アンティークの1点ものは、新しいものにはない風合いがお洒落。 かんざし8800円(それいゆ)
絞りの素材を使った贅沢な一本は、上品な着こなしにぴったり。 日傘(スタイリスト私物) 水に浸して使う「水うちわ」。美濃の手すき和紙を使いすべて手作りで仕上げたもの。 水うちわ7140円(松坂屋本店)
コーディネートを格上げしたいなら、ぜひ取り入れたい小物のひとつ。 扇子2940円(ジェイアール名古屋タカシマヤ)