Part.1 ショコラティエ Part.2 デパート レニエ Regnie バレンタインの新作「クール・アローム デュ ラ ローズ」(525円)。フランボワーズ、ライチ、ローズのピューレをホワイトチョコレートと生クリームのガナッシュと混ぜ合わせたケーキ。中に隠れたライチとフランボワーズのジュレがアクセント。 シェフのこだわりが生んだショコラトリー「セヌフォ」
 平日の午前中からケーキを求めるファンがひっきりなしに訪れるパティスリー「レニエ」。‘06年のリニューアルの際、カフェスペースに加え、新たにショコラトリー「セヌフォ」を併設した。オーナーシェフ長谷川氏の理想を形にしたというショコラトリーは、中庭に位置し、真っ赤な外観がパリの街角を思わせる店構え。店内はアフリカで購入したインテリアなども配されたエキゾチックな空間だ。シェフが西アフリカ・ガーナのカカオ農園を訪れた時に感じたという、アフリカの大地で育ったカカオの力強さ、たくましさを表現したバリエーション豊富なチョコレート菓子が2つのショーケースに端整に並び、量り売りや粒売りなどで販売している。夏にはグラシエ(アイスクリーム)も登場する。
ミロアール ショコラ オランジュ 525円 オレンジムースとチョコレートムースをチョコレートのグラサージュでコーディング。2つのムースのハーモニーを堪能できる。 グラン・サマナ  462円 上段にはアフリカ産カカオのミルクチョコレートを、下段には南米産カカオのスイートチョコレートを使い、口溶けのよいなめらかな食感を楽しめる。
(左)トリュフフィグ 10g 200円 (中)オランジェット 10g 180円 (右)シロトネット 10g 180円 トリュフなどに使用するカカオはアフリカ産と南米産をブレンド。 Valentine Gift
 バレンタインにはオーナーシェフ長谷川氏や「セヌフォ」のショコラティエが、毎年パッケージデザインや商品構成などのアイデアを練り、新たなチョコレート菓子を発売する。今年はショコラトリーのメインカラー・赤にネイビーをきかせた、大人っぽくシックなパッケージが完成。チョコレートにドライフルーツやナッツを巧みに組み合わせたプラリーヌなどを中心に販売。アフリカの大地を思わせる力強く刺激的なチョコレートに出会えそう。
バロタン セヌフォ 1680円 アーモンド、アンズ、ピスタチオなどをチョコレートにトッピングしたマンディアンや、オランジェットなど、「セヌフォ」の様々な味が楽しめる詰め合わせ。 オランジェット(6本)  840円 スペイン産オレンジピールをスイートチョコレートでコーティング。オレンジの果実味とスイートなチョコレートが好相性。甘いのが苦手な男性にも◎。 ナポリタン 630円 本の装丁のようなパッケージがユニーク。ショコラの味を純粋に味わえる、スイートとミルクの板チョコが6枚入っている。
 

REGNIE (レニエ)
TEL:052-502-0288
住所:名古屋市西区五才美町18-2
営業:9:30~20:00
(カフェは11:00~19:00)
※2/6~2/15は物販のみ営業
定休日:月曜
('09年2月16日、17日は連休)
駐車場:あり
カフェ:全40席
URL:http://www.regnie.jp/