パート1。フォルテシモ・アッシュ
春限定ケーキ「マリアージュ」の画像 辻口シェフの集大成。名古屋で開花するスイーツ・ワールド!

 世界的に活躍するスーパーパティシエ辻口博啓シェフの東海地区初店舗。辻口ブランドの中でも最も大きい面積を誇るフォルテシモ・アッシュでは、ショコラティエやロールケーキ専門店など、他エリアで展開する店舗の魅力を集約し、より強く“辻口スタイル”を打ち出している。オープン一周年を迎える今年は、アニバーサリースイーツも登場するなど昨年以上の盛り上がりを見せる。イチゴやフランボワーズなど、ベリーを使った春限定ケーキもお目見え。テラス席を備えた約30席のサロンで、ゆっくりと辻口ワールドを堪能できるのも嬉しい。

(左)春限定ケーキ「マリアージュ」(450円)。サクサクのパイ生地の上には、フランボワーズとイチゴの赤いジュレや、タヒチ産バニラのムースなどが層をなす。トップにはアーモンドをトッピング。それぞれの層が口の中で溶け合うマリアージュを楽しみたい

 店に並ぶスイーツは、忙しいスケジュールを縫って毎月店を訪れるという、辻口氏とフォルテシモ・アッシュのパティシエたちが試行錯誤しながら生み出す、フォルテシモ・アッシュオリジナルのものがほとんど。ケーキ、ショコラ、焼き菓子などが常時約200種類ほど並んでいる。定番人気「プリンH」の春バージョン「プリンH イチゴ」、辻口氏が得意とするロールケーキのアニバーサリースペシャル「SAKURA」など、限定スイーツはぜひとも味わいたい。

SAKURAとプリンHイチゴの画像
サントノーレの画像 フォルテシモ アッシュ一周年のアニバーサリースイーツ。塩漬けした桜の花びらと葉を散らした生地の中に、和素材を入れた生クリームを巻いたロールケーキ。
(右上)プリンHイチゴ320円。卵たっぷりの「プリンH」に、イチゴのムースとイチゴソースを重ねた春限定商品。イチゴのほのかな酸味と濃厚プリンの組み合わせ。
(左)サントノーレ450円。カスタードクリームに入ったプチシューをキャラメリゼして、キャラメルクリームをトッピング。香ばしい味わい。
店の外からも中からも目立つ清潔感のあるガラス張り厨房。ここから斬新で新しい商品が生み出されていく。

辻口氏が建築デザインにもこだわったという店。ガラス張りの店内には外光が満ち、ダークブラウンを基調とした木の温もりを感じられるスペースが心地いい。そして、建物の外からでも一際目立つのがガラス張りの厨房。ストリートに面した厨房の中でパティシエたちが作業を進める様子からは、緊張感が伝わり、いつまでも飽きずに眺めていられる。お客様を楽しませる空間にしたいという、辻口氏のこだわりが伺える設計だ。

ショップデータ
フォルテシモ アッシュの店内写真 FORTISSIMO H(フォルテシモ アッシュ) 名古屋市千種区高見2-1-16
052-761-7278
11:00~19:30(ブティック)、
11:00~18:00※LOは17:30(サロン)
月曜定休日(祝日の場合は営業、翌日休)
駐車場あり(有料)
喫煙不可
http://www.fortissimo-h.jp/
辻口博啓シェフプロフィール。石川県に和菓子屋の長男として誕生。18歳から都内のパティスリー及びフランスで修行を重ねる。5度の世界大会に日本代表として出場し、優勝経験を持つ。現在は「モンサンクレール」をはじめ、全国で10ブランドを展開するほか、講演や著書出版など幅広く活躍。