二子山部屋の元横綱・花田勝氏プロデュースによる本格ちゃんこ鍋の店「Chanko Dining若」。今回は、店で一番人気という「塩ちゃんこ鍋」を、家庭で作れるようにアレンジしたレシピを特別に公開。ベースとなる鶏スープもつくねもイチから手作りなのに、びっくりするほど簡単にできて本格的な味わい。野菜不足のときや寒い日の夜におススメ!

教えてくれる人 Chanko Dining若 名古屋栄店 店長 山内恵太さん 鶏皮を使えば、ご家庭でも短時間で簡単に美味しい鶏のだしを取ることができます。塩の代わりにしょうゆを入れれば「しょうゆちゃんこ鍋」に、味噌を入れれば「味噌ちゃんこ鍋」になり、アレンジも自在。鶏皮を鶏手羽先に変えても美味しいだしがでます。
材料(4人分)

<具材>

鶏モモ肉 300g
豚バラ薄切り肉 150g
豆腐 1/2丁
油揚げ 2枚
白菜 1/8個
長ネギ 1本
タマネギ 1/2個
水菜 1袋
ホウレン草 1束
ニラ 1束
もやし 1袋
生しいたけ 4個
えのき 1袋

<鶏つくね>

鶏モモひき肉 300g
長ネギ 1/3本
タマネギ 1/4本
玉子 1個
片栗粉 小さじ1/2
白炒りゴマ 大さじ1
白味噌 大さじ1
ゴマ油 大さじ1と1/5
ショウガ汁 大さじ1強
薬味(ユズコショウ、万能ネギ、
白すりゴマ) 適量
 

<スープ>

水 1400cc
鶏皮 150g
塩 大さじ1
みりん 大さじ1
ゴマ油 小さじ1

作り方 準備

1.スープに使う鶏皮は小さく切っておく。
2.鍋の具材のタマネギはスライスし、その他の肉や野菜はすべて、食べやすい大きさに切る。

鍋の調理
1. まずはスープを作る。鍋に水をはり火にかける。沸騰する直前に小さく切った鶏皮を入れ、4~5分煮込んだらアクをすくう。

まずはスープを作る。鍋に水をはり火にかける。沸騰する直前に小さく切った鶏皮を入れ、4~5分煮込んだらアクをすくう。

2. アクを取ったら、塩、みりんで味を整え、最後にゴマ油を垂らせばスープが完成。

アクを取ったら、塩、みりんで味を整え、最後にゴマ油を垂らせばスープが完成。

3. つくねを作る。長ネギとタマネギをみじん切りにしたら、材料をすべてボウルに入れて練り合わせ、スプーンを2本使って丸める。

つくねを作る。長ネギとタマネギをみじん切りにしたら、材料をすべてボウルに入れて練り合わせ、スプーンを2本使って丸める。

4. (2)で作ったスープを土鍋に入れて、さらにスライスしたタマネギを入れたら煮立たせ、(3)のつくね、鶏モモ肉、豚バラ肉を入れる。

(2)で作ったスープを土鍋に入れて、さらにスライスしたタマネギを入れたら煮立たせ、(3)のつくね、鶏モモ肉、豚バラ肉を入れる。

5. 残りの野菜を火の通りにくい順にすべて入れる。

残りの野菜を火の通りにくい順にすべて入れる。

6. 火が通ったら取り分け、ユズコショウ、万能ネギ、白すりゴマなど好みの薬味を添える。

火が通ったら取り分け、ユズコショウ、万能ネギ、白すりゴマなど好みの薬味を添える。

point!! 1.アクを取り過ぎると鶏皮から出た旨みや油までなくなってしまうので、少し残す程度でOK! 3.材料をよく練るのがおいしさの秘訣。手のひらで軽く押しながら、材料が均一に混ざるまでしっかりと練ってください。 4.スープに薄くスライスしたタマネギを入れて煮立たせることで、甘みを引き出します。
 
シメの一品 塩ラーメン

◇材料

中華麺 2玉
万能ネギ、コショウ 適量

◇作り方

1.残ったスープを沸騰させて麺を入れ、ネギとコショウを好みでかける。

 

鶏ガラをじっくり煮込んだ
お兄ちゃん直伝のちゃんこ

 元横綱・花田勝氏が二子山部屋の味をベースに作り上げたちゃんこ鍋が味わえる。鶏ガラなどを半日以上じっくり煮込んだスープがベースとなるちゃんこは、塩、味噌、しょうゆ、チゲの4種類。「元祖 塩ちゃんこ鍋」は店の看板メニューで、鶏ガラスープに深層海水塩などをオリジナルブレンドした塩を加え、あっさりとした味わい。旬の食材を使った一品料理やオリジナルの焼酎、日本酒、梅酒とともに楽しんで。

TEL  :  052-242-4527
住 所  :  名古屋市中区栄3-10-13
サラスクエア2F
営 業  :  11:30~14:00(13:30LO)、
17:00~24:00(23:00LO)
定休日  :  不定休
駐車場  :  なし
喫 煙  : 
予 算  :  鍋2600円~
URL  :  http://www.chanko-waka.jp/