オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

3.モバイル、ネット、SNSマナー それってあり?なし?意識調査

 モバイルやSNSの利用が拡大しているけど、自分ルールは世間の意識とズレているかも。
そんな不安を解消すべくユーザーの皆さんに意識調査を実施。その結果をもとに、アリ?ナシ?のボーダーラインを調査しました。

※調査したアンケートは2013年2月末時点のものです。オピ・リーナ読者アンケート結果から抽出しました。

Q1
一緒にいるときにSNSやゲームに夢中な友人
一緒にいるときにSNSやゲームに夢中な友人

【アリ】

  • そういう人だと思って諦めている
  • ちゃんと会話を聞いていれば大丈夫
  • それくらい心を許しあっている

【一声かけてくれれば許す】

  • 話している内容によってはOK
  • 気を使っていないのが良い関係だと思う
  • 一緒にいるときに何をするかは、本人の自由だから

【ナシ】

  • 実際されて腹が立った
  • 一緒にいる意味がない!
  • 今じゃなくてもできる。1人の時にやってほしい。

<編集部より>一緒にいるときにSNSやゲームをされると不快な人がほぼ半数。みなさん気をつけましょう! どうしてもというときは、一言断ってからにするのがマナー上手ですよね。

Q2
Facebookで無断で写真投稿&タグづけ
Facebookで無断で写真投稿&タグづけ

【本人の自由】

  • 自分も無断で投稿してる
  • 嫌なら先に言っておけば良い

【許可をとるべき】

  • ネットはいつ誰が見るか分からない
  • 自分がされたらイヤ
  • 載せられるのがイヤな人がいると思うので、
    毎回許可をとるようにしている

【その他】

  • その人との間柄による
  • 公開範囲に気をつけている

<編集部より>旅行写真など、気軽にアップしてしまいがちですよね。どうしても友人のタイムラインに写真が流れてほしくない場合は、プライバシー設定で「承認した写真のみ、タイムラインに流れる」という設定に変えて、未然に防ぐこともできますよ。

Q3
電話もメールも折り返しがないのに、SNS投稿をしている友人
電話もメールも折り返しがないのに、SNS投稿をしている友人

【アリ】

  • そういう人だと思って納得する
  • 相手の自由だし、タイミングに気を使わずに送るのがメールの在り方だと思う
  • 電話やメールは気を使うので時間がかかるけれど、SNSは好きに書きこむだけなので、隙間時間に投稿できる

【ナシ】

  • どっちが大切なの?!と言いたい
  • 実際にそういうことされたら悲しくなる
  • 許せないけど、自分はついついやってしまう(反省)

【その他】

  • 急用じゃなければ大丈夫
  • 浅い友人関係だったらNG

<編集部より>「個人の自由だけど、今後の付き合い方は変わります」という人も。ついついやってしまいがちだけど、された方は結構ショックみたいですね。SNSに投稿する際はメールや電話の折り返しを忘れていないか、ちょっと気にかけてみて。

Q4
SNSでネガティブな発言ばかりの友人
SNSでネガティブな発言ばかりの友人

【自由に投稿すればいい】

  • 投稿は自由だけど、そのページは見に行かない
  • それで友人のストレス解消になるならOK

【不快な気分になる】

  • 見る方もネガティブになりそう
  • “発信”するからには、読む人の気持ちも考えてほしい

【その他】

  • 内容による
  • ひたっていたり、不幸自慢っぽい発言じゃなければOK

<編集部より>「自由に投稿すればいい」と思っている人の中でも、「そのページは見ない、その人の投稿を非表示にする」という辛辣な意見も。ネガティブ発言を繰り返していると、投稿自体を見てもらえなくなるかも?!

Q5
LINEやメールが既読なのに、返信なし!
LINEやメールが既読なのに、返信なし!

【アリ】

  • 後で返信しようと思って、忘れることもある
  • 返信できない(しない)理由があると思うから
  • 義務っぽくなるのはイヤ

【忙しいときは仕方がない】

  • メッセージを確認して急ぎでないときは、後で落ち着いて返信することもあるから
  • 頻度によるけれど、今後の付き合い方に影響があるかも

【ナシ】

  • “見た”という意思表示はしないといけない。「後で返信するね」の一言が欲しい。
  • 軽んじられたような気がする

【その他】

  • そういう人なんだと思うことにしている

<編集部より>大半の人は仕方がないと思っているようだけど、「どんなに忙しくても、“後で返信する”という一言くらい欲しい!」と思っている人がいるのも事実。返信する時間がない時は、ポップアップ画面上でメッセージを読んで、「既読」にしないのも手?!

Q6
あまり親しくない人からの友達申請
あまり親しくない人からの友達申請

【アリ】

  • そういう可能性もあると思ってSNSをやっている
  • そこから付き合いが始まる可能性もある
  • 誰からの申請でも嬉しい
  • 気がつかないフリをすればいい

【メッセージがあればOK】

  • あまり親しくない人への礼儀をわきまえていればOK
  • 友達になるのはOKだけれど、メッセージがないのは失礼

【ナシ】

  • 色んな人に申請しているんだろうなと思うから
  • ここぞとばかりに友達って顔をされても困る
  • 親しい人と気を使わずにやり取りしたいので

【その他】

  • その時の気分による

<編集部より> 親しくない間柄の人からの友達申請でも、「そこから仲良くなれるかも」と好意的な人は多いみたい。自分が申請をもらう場合、一言メッセージが添えてある方が嬉しいですよね。今まで友達申請だけ行っていた人は、ぜひ実行してみて。

Q7
上司からの友達申請
上司からの友達申請

【アリ】

  • 仕方がないと思って、見てないフリをする
  • 仕方がないと思って、投稿が見られないように設定する
  • コミュニケーションをとろうとしてくれてるんだなと思う
  • 親しい方が仕事もスムーズにできそう。上司にも見せられないことをWEBにアップしている方が問題

【ナシ】

  • 仕事とプライベートは分けたい
  • 自由に発言できなくなる可能性があるので、申請は遠慮すべき

【その他】

  • あまり気は進まない
  • プライベートでも仲の良い上司はOK。仕事でしか関わりのない上司は対応に困る・・・

<編集部より> “上司からの友達申請”に関しては、意見が真っ二つ。「アリ」と思っている人の中でも、好意的に受け取っている人は少なめです。社風にもよりますよね。

Q8
友達申請をしてきたのに、全く絡もうとしない友人
友達申請をしてきたのに、全く絡もうとしない友人

【別に気にならない】

  • 絡むペースは人それぞれ
  • SNS上のつながりはそのレベルで十分
  • 忙しいんだなあと思う

【友達をただ増やしたいように見える】

  • 自分から申請したのだから、絡んできてほしい
  • 何の為の申請なのかと思う
  • のぞき見されているようでイヤ

<編集部より> 「特に気にしない」人と、「何のために申請をしてきたのか」と思う人は半々。だけど友達が何百人といる人は、全部の投稿に目を通しているのだろうか・・・ちょっと疑問。

Q9
いい話ではない記事に「いいね」
いい話ではない記事に「いいね」

【アリ】

  • 「いいね」しかないから、仕方がない
  • 「いいね」は見たよという足跡機能のようなもの
  • 「いいね」しかないので仕方がないが、コメントも添えて誤解のないようにする

【ナシ】

  • 適当に押しているのだろうなという印象
  • ちゃんと読んでいないと思う
  • 内容によっては嫌な思いをする人もいるかもしれないから、やめた方がいい

【その他】

  • 状況次第
  • どうして「いいね」なのか考えてしまう
  • 感性が違うんだな、と割り切る

<編集部より> 「いいね」ボタンしかないから仕方がないけれど、内容によっては不快な思いをする人もいるみたい。それにしても、「よくないね」ボタンが実装されればいいのに・・・

Q10
グループトークで個人的なやり取り
グループトークで個人的なやり取り

【アリ】

  • 気付いたら個人的なやり取りになっているということもある
  • みんなのやりとりが分かっていい
  • スルーすればいい

【ナシ】

  • グループにしている意味がない
  • 個人同士ですべき。疎外感を感じる

【その他】

  • 頻度による。時々なら問題なし
  • 全員で盛り上がっている時は控えてほしい

<編集部より> グループトークをしていたはずが、いつの間にか1:1の会話になっていた! という経験もありますよね。「仕方がない」と思っている人は多いけれど、他の人が全く分からない会話がずっと続いたらちょっと反感を買うかも・・・

総評

 「これくらい大丈夫」という感覚は人それぞれ。知らない間に友人に不快な思いをさせているかも?! 大勢の人が関わるSNSだからこそ、ネチケットには気をつけたいもの。友達申請にはメッセージをつける等ひと手間で印象も変わるので、最低限のマナーを守って気持ちよく交流をしたいですね。

今月のPickup!

ジャンル別

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る