sora café(ソラ カフェ) Part.1 town Part.2 nature
Rhubarbe sora café Café Dufi La Province 創舎呱々 華野
栄の街中とは思えないゆるやかな時間に身を委ねて・・・。
   
 栄の大通りから細い路地に入ったところ、若宮八幡宮の向かいにあり、境内の緑が心地いいカフェ。その景観に惚れてこの場所を選んだというオーナー夫妻が、古い建物をリノベーションした店内には、アンティーク市などで見つけたという不揃いのテーブルやイス、ソファが並び、新しい建物や家具にはない統一感を生み出している。1Fには若宮八幡宮に面したテラス席がひとつ。また、天気のいい日はテラスへと続くトビラが開放され、1Fに並ぶテーブル席にも陽光が降り注ぐ。そしてもうひとつの特等席は2Fの窓際。目線と同じ高さに飛び込んでくる木々の緑、頬をなでる風・・・。栄の街中にいるとは思えない、穏やかで心地のいい時間が流れている。

新緑のこの時期は2Fの窓際もとっておきのシート。優しく陽光が差す。
新緑のこの時期は2Fの窓際もとって
おきのシート。優しく陽光が差す。
テラス席にはガーデニングが施されていて、まるで小さな庭のよう。   屋根裏からのぞいた2Fは天井が高く開放的。奥には個室もある。
テラス席にはガーデニングが施されていて、まるで小さな庭のよう。

  屋根裏からのぞいた2Fは天井が高く開放的。奥には個室もある。

 飲食店での経験を生かしてキッチンを担当するのはご主人。奥さんの出身地である大分県の名物、“とりてん”(鶏の天ぷら)のランチなど、毎日3種類用意されるランチを目当てに訪れる人も多い。また、1Fの小さなショーケースに飾られたケーキは手作りならではの優しい味わい。遅い時間には売り切れてしまうから、見つけたときにはオーダーを。

  「かぼすソーダー」(500円)、「豆乳とかぼすのレアチーズケーキ」(500円~)。ケーキの上には季節のフルーツを使ったジュレがのる。
カラッと揚げられた鶏の天ぷらを、さっぱりしたカボス風味のしょうゆでいただく「とりてんランチ」(900円)
カラッと揚げられた鶏の天ぷらを、さっぱりしたカボス風味のしょうゆでいただく「とりてんランチ」(900円)

「かぼすソーダー」(500円)、「豆乳とかぼすのレアチーズケーキ」(500円~)。ケーキの上には季節のフルーツを使ったジュレがのる。

Shop Data
sora café (ソラ カフェ)
TEL:052-262-0195
住所:名古屋市中区栄3-22-16
営業:11:30~22:00
定休日:水曜
駐車場:なし
喫煙:分煙
URL:http://www.sora-cafe.jp/