lesson 02 初心者から作家志望まで。土に触れてストレス解消

 覚王山の日泰寺参道にある「歩知歩智」は、古民家を利用したギャラリーショップ兼陶芸工房。「土に触れ作業に集中している瞬間は、無心になれる貴重な時間です」とは、「歩知歩智」に通い始めて5年になるという加藤さん。ストレス解消や気分転換を目的に通う人が多く、ギャラリー奥にある工房では、ろくろ、手びねり、タタラなど、作りたい手法で時間制限なく作陶できる自由度の高さが人気。陶芸初心者の場合は、店主自らマンツーマンで指導をしてくれる。また、作った作品は年に3度行われる覚王山祭りの際に販売したり、上達すればギャラリーショップに自分の作品を並べることもできるなど、作品を販売するチャンスに恵まれているのもこの教室の特徴。趣味が高じて作家に転身する人もいるとか。

工房には生徒さんが制作したユニークな作品がずらりと並ぶ。

工房には生徒さんが制作したユニークな作品がずらりと並ぶ。

素焼きした器にひもを使って模様をほどこす加藤さん。「どんな焼き上がりになるか楽しみです」

素焼きした器にひもを使って模様をほどこす加藤さん。「どんな焼き上がりになるか楽しみです」

「歩知歩智」では、粘土や釉薬(うわぐすり)が豊富にあり、好みで組み合わせることができる。

「歩知歩智」では、粘土や釉薬(うわぐすり)が豊富にあり、好みで組み合わせることができる。

タタラ作りで平皿を作る岩渕さん。「ひとつの作品を作り上げるまでの工程が楽しい」。

タタラ作りで平皿を作る岩渕さん。「ひとつの作品を作り上げるまでの工程が楽しい」。

 取材時には子供連れで工房に来ていた岩渕さん。陶芸歴15年以上というベテランで、「子供が生まれてから遠ざかっていましたが、ここは子供を連れてきても大丈夫なので、最近では週1,2回のペースで通っています」と、再開した陶芸に夢中になっているそう。現在は小学生からお年寄り、初心者から作家志望の人まで20名ほどの生徒が通っていて、他の人の作品を見るのもスクールに通う楽しみのひとつなのだとか。

歩知歩智(ぼちぼち)

TEL  :  052-761-5553
住 所  :  名古屋市千種区山門町2-54-4
定休日  :  月・火曜定休
営 業  :  11:00~20:00
URL  :  http://bochibochi97.com
料金など  :  [回数制]4回1万円(時間制限なし) [月謝制]1ヶ月1万円(時間・回数制限なし)
※いずれも材料費(1.2~1.5円/1g)別途必要。
※1日体験(3000円・材料費込)も可・要予約。
スクールは水曜~土曜13:00~21:00、日曜は13:00~18:00