特集 Part1 とっておきランチ Part2 ベーカリーランチ
トップ アヴェンティーノ ペルージュ 櫓心祜(ろここ) ブランパン ポン レ ヴェック ポール 名古屋駅店
Pe'rouges(ペルージュ)
MENU DEJENER(3000円)前菜、スープ、メイン、パン、デザート、ドリンク。ランチはこのほかに1800円、4500円など。 外の喧騒から逃れて寛ぐ小さなレストラン

 石畳の小道が続き、今なお中世の面影を色濃く残すリヨン郊外の町ペルージュ。その田舎町の名前を冠にしたレストランが那古野にオープン。名古屋の老舗フレンチレストランで料理長を務めた経歴を持つシェフ。ヨーロッパ各地から空輸される食材や北陸から届く鮮魚、有機減農薬の野菜など、納得した食材だけを使い、丹念に仕込んだ一皿ひと皿からは、その真摯な仕事ぶりがうかがえる。ランチはプリフィックスやおまかせのコースで、旬の食材を使うため2週間ごとに内容は様変わりする。訪れるたびに新しい味に出会えるのが楽しみだ。

(左)3000円のランチではメインを肉か魚から選ぶ。写真は「能登あじのムニエル 赤ワインビネガーのソース」。(右)デザートは盛り合わせで出される。取材日はリンゴのタルト、パイナップルのムース、アプリコットシャーベット。 MENU DEJENER(3000円) (上)前菜、スープ、メイン、パン、デザート、ドリンク。ランチはこのほかに1800円、4500円など。(下左)3000円のランチではメインを肉か魚から選ぶ。写真は「能登あじのムニエル 赤ワインビネガーのソース」。(下右)デザートは盛り合わせで出される。取材日はリンゴのタルト、パイナップルのムース、アプリコットシャーベット。
オーナー夫妻が切り盛りする店は全18席と小バコなので、予約をしてから訪れたい。
オーナー夫妻が切り盛りする店は全18席と小バコなので、予約をしてから訪れたい。

 「土蔵や古い民家が連なる那古野の町並みは、ペルージュに通じるものがあるんです」と、オーナー夫妻。フランスの田舎町にあるような、ゆっくり美味しい食事が楽しめるレストランを作りたいという思いに、那古野のロケーションがぴったりリンクしたのだとか。キッチンで寡黙に調理するシェフと奥様の温かな接客も、落ち着いた心地のよい空間を作り上げている。

Shop Data
Pe'rouges(ペルージュ)
TEL:052-583-9222
住所:名古屋市西区那古野1-23-9
営業:11:30~14;00(LO)、17:30~21:30(LO)
定休日:火曜日
駐車場:なし
喫煙:不可