方位によって運気の吉凶を読む風水。2010年、恋愛運、金運、健康運をアップさせる気が充満している方位(=吉方位)にあるご利益神社・仏閣を紹介します。※風水占いは名古屋市中区を拠点に、吉方位を出しています。中区を出発地点にするか、自宅から出発する場合は、自宅から神社・仏閣の方角を確認して、吉方位方向へ出掛けてください。 恋愛運を高める西方位スポット 金運を高める東方位スポット 健康運を高める北西方位スポット
金運を高める東方位スポット

2010年の金運をアップさせるなら、東方向にある神社・仏閣を目指しましょう。
5月、9月、11月が特に吉月です。

晴明神社【せいめいじんじゃ】 晴明神社の社門である深紅の星の形をした魔除けステッカー(200円) 左は商売繁盛、右は金運上昇の神符。恋愛や健康にまつわるものなど全13の神符(各100円)がある。 本殿や賽銭箱、こま犬が鎮座する石碑などに深紅の星マークが見られる。

1.晴明神社の社門である深紅の星の形をした魔除けステッカー(200円) 2.左は商売繁盛、右は金運上昇の神符。恋愛や健康にまつわるものなど全13の神符(各100円)がある。 3.本殿や賽銭箱、こま犬が鎮座する石碑などに深紅の星マークが見られる。

住宅街の小さな神社は、安倍晴明ブームで参拝者が増えているそう。

住宅街の小さな神社は、安倍晴明ブームで参拝者が増えているそう。

 
平安時代のカリスマ占い師、安倍晴明に金運アップを祈願

 安倍晴明といえば、平安時代に活躍した日本でもっとも有名な陰陽師。その安倍晴明ゆかりの神社が名古屋市内にも存在する。晴明が全国行脚中の一時、ここに住んだとされており、「晴明が化身して現れた」、「ほこらを移設しようとした兵士が高熱を出した」など、神秘的な逸話が多いのもこの神社の魅力。金運上昇や商売繁盛、立身功名など、金運UPのための神符なども販売されている。
 
 住宅街の一角に佇み、普段は神主もいないひっそりとした神社だが、短い階段を上がると、境内のいたるところに、陰陽道の祈祷呪符である深紅の星が目に飛び込んでくる。以前には、ほこらがあっただけというが、近年では安倍晴明ブームもあり、千種区内の城山八幡宮、高牟神社とともに「恋の三社巡り」が企画されるなど、若い女性の参拝者も目立つ。

鳳来寺【ほうらいじ】 真言宗の古寺「鳳来寺」の荘厳な佇まい。 日本三大東照宮のひとつと言われる「鳳来山東照宮」。 徳川三代目将軍家光が建立したという「鳳来山東照宮」は、国の重要文化財に指定されている。

1.真言宗の古寺「鳳来寺」の荘厳な佇まい。 2.日本三大東照宮のひとつと言われる「鳳来山東照宮」。 3.徳川三代目将軍家光が建立したという「鳳来山東照宮」は、国の重要文化財に指定されている。

鳳来寺山表参道を登ると、樹齢800年、樹高60mの見事な「傘杉」が見られる。

鳳来寺山表参道を登ると、樹齢800年、樹高60mの見事な「傘杉」が見られる。

 
自然のパワーに身を委ねれば仕事への活力が湧き上がる

 紅葉のメッカとして知られる鳳来寺山の山頂付近に位置する「鳳来寺」。その道中は、鳳来寺山の豊かな自然の中を歩くハイキングコースとなる。見事な老杉が生い茂り、四季折々の自然が楽しめる鳳来寺山を歩くと、運がよければ「ブッポウソー(仏・法・僧)」と鳴く、コウノハズクという珍しいフクロウの鳴き声が聞けるかもしれない。参拝を済ませたころには、深い山の自然に癒され、清々しい空気とパワーを吸収して精気が満ちてきそう。
 
 8世初頭に真言宗の寺として開創され、薬師信仰と山岳験道の霊山とされた「鳳来寺」。徳川家康の母が、ここで子宝を祈願し家康が生まれたとも伝えられる。江戸時代には家康誕生のゆかりの地として、幕府の厚い保護を受け、広大な敷地と強力な勢力を誇っていたという由緒ある寺院だ。

DATA
◇晴明神社(せいめいじんじゃ)
TEL : 052-711-1346
住所 : 名古屋市千種区清明山Ⅰ-6
参拝時間 : 参拝自由
※神符などが購入できるのは火・木・土・日
13:00~16:00のみ
駐車場 : なし
◇鳳来寺(ほうらいじ)
TEL : 0536-32‐0022(新城市観光協会)
住所 : 新城市門谷字鳳来寺
参拝時間 : 参拝自由
駐車場 : あり(有料)