Part.1、見逃せない!新作映画とって出し ─ ドラマティック感動作
築地魚河岸三代目
築地の人情味あふれる人間模様 Introduction

 小学館「ビックコミック」にて連載中の人気コミックが映画化。活気あふれる築地を舞台に、ごまかしのきかない真剣勝負の中で成長していく主人公と、彼をとりまく真っ直ぐで温かな人々との交流を描く。本音で人と向き合い助け合うことの大切さ、自分の気持ちに嘘をつかずに生きる幸せ、そんなシンプルなことに気づかせてくれる。築地独特のしきたりやルールに戸惑いながらも奮闘する主人公・旬太郎を演じる大沢たかおはもちろん、不器用だが男気あふれる「魚辰」の大黒柱・英二役の伊原剛志、英二にひそかに思いを寄せる小料理屋の女将役の森口瑤子、そして、ヒロイン明日香の父親を演じる伊東四朗など、実力派キャストが繰り広げるハートフルなヒューマンドラマが胸に染みます。

Story

 エリート商社マンの赤木旬太郎(大沢たかお)は、ひょんなことから恋人・明日香(田中麗奈)の実家である築地魚河岸の仲卸店「魚辰」を手伝うことに。会社でリストラの陣頭指揮を任されることになり、やり場のない気持ちに悩んでいたが、築地で出会った人々と共に働くうちに、悪戦苦闘しながらも、自分にとって大切なものに気づいていく。

選定人レビュー、松岡ひとみ、 思いっきり泣いて、笑えるのはやはり人情物。大沢たかおが珍しくコミカルな役で魅力全開。舞台となる築地市場の活気あふれる様子も興味津々。鰹や真ガレイの刺身、赤むつの煮付け…。よ、よだれがでちゃう!

データ築地魚河岸三代目

  • 監督松原信吾
  • 出演大沢たかお/田中麗奈/伊原剛志/森口瑤子
  • 公開6月7日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかにて

© 2008「築地魚河岸三代目」製作委員会