Part.1、見逃せない!新作映画とって出し ─ ドラマティック感動作
さよなら。いつかわかること
号泣必至! 父親と娘の家族愛 Introduction

 アメリカ社会はもちろん、世界中に今なお深い傷を残すイラク戦争を題材に、母親を失った絶望から少しずつ立ち直り、生きる希望を見出していく父親と娘を描く。とても悲しいストーリーでありながら、その悲しみを包み込むように優しい空気が流れる作品。その空気感が涙を誘います。また、この脚本に心を打たれたというクリント・イーストウッドが、自分の監督作品以外に始めて提供したという、美しい音楽にも涙腺はゆるみっぱなし。母親が兵士であるという切り口には驚くけど、アメリカの現役兵士の14.3%を女性が占め、そのうち約40%に子供がいるというデータは、この作品が決してリアリティに欠けたものではないということを教えてくれます。

Story

 シカゴで12歳と8歳の二人の娘とともに暮らすスタンレー(ジョン・キューザック)のもとに、陸軍の軍曹でイラクに単身赴任中の妻グレイスが戦死したとの知らせが届く。幼い娘たちに母の訃報を伝えられずにいるスタンレーは、2人を連れてフロリダの遊園地へと向かう。楽しい時間を過ごした後、覚悟を決めたスタンレーは浜辺で娘たちと向き合った。

選定人レビュー、松岡ひとみ、 号泣!今年一番泣いた。愛する母を戦場に送り出した家族の心象の描き方が緻密で思いっきり感情移入してしまった。女性兵士である妻の戦死を二人の娘に伝えるシーンは忘れられない。

データさよなら。いつかわかること

  • 監督ジェームズ・C・ストラウス
  • 出演ジョン・キューザック/シェラン・オキーフ/グレイシー・ベドナルジク/アレッサンドロ・ニヴォラ
  • 公開5月10日(土)より、伏見ミリオン座にて

© 2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.