Part.1、見逃せない!新作映画とって出し ─ ドラマティック感動作
プルミエール 私たちの出産
母と子が紡ぐ未来へ続く10の物語 Introduction

 国も文化も違う女性たち。出産の仕方や状況も様々だけど、母になることを選び、感じる痛み、喜び、笑顔はいっしょ…。女ってすごい! 女って強い! と、新しい命を産み出す“出産”という行為について、あらためてその神秘を感じさせてくれる。世界10ヶ国の妊婦さんの出産シーンは、彼女たちのプライベートな部分を見ているようで、実は、それらは命を紡ぐ人類の普遍のストーリーでもある。そんなことを考えさせられる、心に響くドキュメンタリー作品です。日本の妊婦さんとして登場するのは地元岡崎の女性。日本古来の伝統に倣った自然出産のシーンも興味深い。もう母になった人も、いつか母になる人も…、必見です!

Story

 自宅出産を選んだアメリカのヴァネッサ、砂漠の上で出産をするトゥアレグ族のマニ、極貧生活の中で命がけの出産に挑むインドのスニータ、出産直前までステージに立ち続けたフランスのサンディ、昔ながらの介助出産をする日本の由起子…。文化も人種も社会的、経済的立場も異なる、世界10ヶ国の女性の出産シーンを追ったドキュメンタリー。

選定人レビュー、松岡ひとみ、 フィルムの9割近くが出産シーン!自分自身が選んで、納得のいくお産をした後のママ達の顔が、とても満たされていて美しい!日本の妊婦さんは岡崎市のお産のカリスマ「吉村医院」で出産しています。

データプルミエール 私たちの出産

  • 監督ジル・ド・メストル
  • 製作ミゲル・クルトワ/ジル・ド・メストル
  • 公開5月17日(土)より、伏見ミリオン座ほかにて

© Mai Juin Productions-M6 Films 2007