Part.1、見逃せない!新作映画とって出し ─ 恋をしたくなるラブストーリー
幸せになるための27のドレス
恋に臆病なヒロインに感情移入 Introduction

 恋に臆病で、自分のことは後回しにして誰かのために何かをする生き方が身についてしまったヒロインのジェーン。結婚式では花嫁の引き立て役に徹し、今までに付添い人として着たドレスは全部で27着。そんなジェーンが、真実をつきつけてくる男性と出会い、自分自身の幸せを見出していく。「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナが脚本を手がけたことでも話題の本作は、大ヒットした前作同様、ストーリーがテンポよく展開され、ヒロインにすっかり感情移入してしまう。新聞記者ケビンの取材を受けたジェーンが、花嫁付添い人として着た27着のドレスをとっかえひっかえ着替えながらダンスを踊るシーンは、とっても可憐でファッショナブル!

Story

 花嫁付添い人として結婚式を成功させることに生き甲斐を感じるジェーン(キャサリン・ハイグル)。ある日、密かに思いを寄せていた上司が、わがままな妹と急接近し、結婚をすることに。「ノー」と言えない体質の彼女は二人の結婚式の準備に奔走する。新聞記者のケビン(ジェームズ・マーズデン)は、そんなジェーンをネタにしようと接近する。

選定人レビュー、松岡ひとみ、本音が言えない恋に臆病なジェーンの言動はもどかしくてイライラ。そんなジェーンが一歩踏み出したとき、長年の親友のように心から喜んじゃった。ハッピー気分にさせてくれる女子応援映画です。

データ幸せになるための27のドレス

  • 監督アン・フレッチャー
  • 出演キャサリン・ハイグル/ジェームズ・マーズデン/マリン・アッカーマン/エドワード・バーンズ
  • 公開5月31日(土)より伏見ミリオン座ほか

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX AND SPYGLASS ENTERTAINMENT FUNDING, LLC.