東海カフェ案内 美味しいお茶時間 スイーツ自慢のカフェ こだわりの一杯珈琲カフェ ほっこり和む日本茶カフェ
日本茶さろん&ギャラリー 温時

「本玉露」[雫出し](800円・菓子付)。芳醇な香りと玉露ならではの甘みを感じられる。

日本茶と茶菓子でホッ 現代版“峠の茶屋”

 住宅街に潜む一軒屋を改装した隠れ家的な日本茶カフェ。店内は湯気を立てる茶釜、心地よい間接照明、奥にはアートギャラリーなどがあり、和洋を融合させたモダンで落ち着いた空間だ。ここではまず、日本茶の醍醐味を味わえる「本玉露」をオーダーしたい。一杯目はおちょこほどの小さな湯のみで出されて色を愛で、二杯目は香りを、3杯目は味わいを楽しむ。また、手軽にお茶を楽しみたいなら、ほうじ茶、玄米茶、京番茶など好みの日本茶に白玉や葛餅、みたらし団子などの茶菓子が付く「お茶セット」がおすすめ。ポットで出されるお茶と丁寧に作られた自家製の茶菓子でほっとくつろげる。

美味しさの秘密
 
玉露は低温で抽出するのが美味。湯冷ましで50度くらいの適温にしてから茶葉にそっと注ぐ。

玉露は低温で抽出するのが美味。湯冷ましで50度くらいの適温にしてから茶葉にそっと注ぐ。

「お茶セット」(380円)。写真はほうじ茶と三色白玉。白、黒ごま、抹茶の3色の白玉を自家製つぶあんでいただく。

「お茶セット」(380円)。写真はほうじ茶と三色白玉。白、黒ごま、抹茶の3色の白玉を自家製つぶあんでいただく。

「焼き芋パフェ」(600円)。焼き芋アイスとスイートポテトは、下層に隠れたブルーベリーソースの酸味とよく合う。

「焼き芋パフェ」(600円)。焼き芋アイスとスイートポテトは、下層に隠れたブルーベリーソースの酸味とよく合う。

店内はモダンながら、落ち着いた茶屋の雰囲気。まったりと過ごす人が多い。

店内はモダンながら、落ち着いた茶屋の雰囲気。まったりと過ごす人が多い。

 「温時」では日本茶はさることながら自家製の和スイーツが人気。女性のオーダー率が高いという「焼き芋パフェ」など季節のパフェのほか、最高級の吉野葛を100%使った葛餅や大納言小豆を炊いたあんこを添えて食べる白玉、八丁味噌ダレで作る五平餅など、どれも素材を吟味し、一から丁寧に作られた上品な味わい。日本茶との相性の良さを楽しみたい。

 
日本茶さろん&ギャラリー 温時 日本茶さろん&ギャラリー 温時(オンジ)
qr_01

▲携帯でお店情報を
  check!

TEL:052-532-7323
住 所:名古屋市西区花の木2-13-1
営 業:8:00~19:00
定休日:水曜定休
駐車場:7台
喫 煙:可
URL:http://www31.ocn.ne.jp/~njchome001/CCP.html