ほっこり、まったり。なごみのカフェ時間
  Part.1 なごみの“ごはんカフェ” Part.1 なごめる“空間カフェ”  
コト カフェ カフェ リズロン 四角家カフェ リトルムッシュ アオイク カフェ トロワプリュス コーヒー&アンティーク カフェ スナッグ
Part.2 なごめる“空間カフェ” 3+coffee&antique(トロワプリュス コーヒー&アンティーク) 東区/車道
ビルの3Fにあり、雑貨店内に併設されたカフェは知る人ぞ知る穴場。

ビルの3Fにあり、雑貨店内に併設されたカフェは知る人ぞ知る穴場。

ヨーロッパのアンティークに囲まれた小さなカフェ

 ギャラリーやセレクトショップが入る雑居ビルの3階にあり、アンティーク雑貨や古道具などを扱う店に併設された小さなカフェ。テーブルやイスなどはアンティークのものを使っているため席ごとにバラバラだが、古いものが醸し出す共通の表情が統一感を生み出している。屋根裏部屋をイメージしたという明るさを抑えた雑貨スペースとは対照的に、大きな窓から陽がたっぷりと注がれるカフェスペースは明るく開放的で、店自慢のカフェとスイーツで過ごすひとときは、時間が経つのを忘れさせてくれる。カフェタイムの後は、年に数回イギリスやフランスで買い付けるという、アンティークの古書や玩具など、他店では出合えない味のある小物が並ぶ雑貨店をじっくり眺めたい。

窓の外には、ベランダで育てているハーブや季節の草花が並んでいる。

窓の外には、ベランダで育てているハーブや季節の草花が並んでいる。

落ち着いた空間に魅せられて、ゆっくりと読書を楽しむ人も多いとか。

落ち着いた空間に魅せられて、ゆっくりと読書を楽しむ人も多いとか。

 カフェでいただけるのは季節の素材を使ったデザートや手作りジャムのトースト。旬のフルーツを使い1、2ヶ月ごとにメニューが変わるので、それを目当てに訪れるファンも多い。名東区にある人気の珈琲専門店「coffee kajita」の豆を使ったコーヒーやカフェオレなど、1杯ずつ丁寧に入れられた飲み物とともに味わって。

(左)カフェで使われるカップやカトラリーも可愛い。コーヒー(450円)にはお茶菓子がセット。(右)写真は8月、9月のスイーツ「カボチャのチーズケーキ」(450円)

(左)カフェで使われるカップやカトラリーも可愛い。コーヒー(450円)にはお茶菓子がセット。
(右)写真は8月、9月のスイーツ「カボチャのチーズケーキ」(450円)

 

3+coffee&antique
(トロワプリュス コーヒー&アンティーク)

TEL  :  052-937-3223
住 所  :  名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル3F
営 業  :  12:00~19:00
定休日  :  火曜、第3水曜定休
駐車場  :  なし
喫 煙  :  不可
URL  :  http://junk-plus.com