名古屋発 一万円台で泊まる至福の温泉宿 忙しい日常を抜け出して温泉へショートトリップ
山 神明温泉 湯元 すぎ嶋 海 鳥羽本浦温泉 あじ蔵CaroCaro
有馬温泉 ホテル 花小宿 山中温泉 かがり吉祥亭
岐阜 神明温泉 Mountain side 湯元 すぎ嶋◆名古屋から約2時間◆料金1万8150円~
古から今へと受け継ぐ囲炉裏で味わうスローフード

 名古屋市内から約2時間とは思えないほど、悠然とした深山に囲まれた神明温泉。食材には恵まれているが、ここ『すぎ嶋』が美食の宿として知られるのは、徹底した素材へのこだわりと追究によるもの。添加物などを一切使わない自然のエサで自家養殖したマスやイワナ、アナゴなどの川魚、自家栽培の有機野菜、奥美濃の山で捕獲するジビエ、裏山で採れる山菜やキノコなど、贅沢で新鮮な食材を、囲炉裏を囲みながら炭焼きや鍋などで味わえる。また、サトイモとご飯で作る名物「芋餅」は、これが目当てという常連さんも多い一品。パチパチと音を立てる囲炉裏を囲みながら、いつもよりゆったりとした時間の流れを感じたい。

イワナのから揚げ、アマゴの塩焼き、味噌仕立ての猪鍋、手打ちの十割そばなど。 飛騨牛の炭火焼きや「芋餅」も1万円台の宿泊の夕食に含まれる。 1万円台で泊まれる部屋はコタツがあり、ほっこりできる空間。
宿泊客を迎え入れるのは重厚な色艶を放つロビー。 貸し切り露天風呂は2つ。料金、予約ともに不要だが、雪深くコンディションの悪い日には閉鎖することも。

 160年以上前に建てられた越後の庄屋の屋敷を移築した建物は、梁や柱など随所に木々の温かみが感じられ安らぎを与えてくれる空間。野趣溢れる風呂はすべて樹齢400年の槇木を使った湯船で、自家源泉からこんこんと湧く温泉を堪能できる。源泉の湯温は37度と少し低めだが、「天然温泉にじっくり浸かり体の芯から温まって欲しいから」と、追い炊きはしない。離れの貸し切り露天風呂なら、運がよければ雪見風呂を独占できる。

総槇木作りの内湯も情緒たっぷり。すぐ隣には露天風呂がある。
(左)宿泊客を迎え入れるのは重厚な色艶を放つロビー。(上)貸し切り露天風呂は2つ。料金、予約ともに不要だが、雪深くコンディションの悪い日には閉鎖することも。(下)総槇木作りの内湯も情緒たっぷり。すぐ隣には露天風呂がある。

湯元 すぎ嶋
電話:0581-57-2270
住所:岐阜県関市板取4838
料金:平日1泊2食1万8000円~、休前日1泊2食1万9000円~
部屋:和室10、和洋室2
温泉:男女別露天各2、男女別内湯各1、貸切露天2、部屋付き内湯2
時間:IN15:00/OUT10:30
交通:電車/JR「岐阜」駅前から定期バス「板取スイス村」下車すぐ。※冬季は岐阜駅から送迎バスあり(要予約)
車/東海北陸自動車道・美濃ICから約60分
URL: http://www.sugishima.com/