美人はみんな、スポーツに夢中! 今年こそ、何かを始めてみませんか?
TOP Part.1 女性ゴルファー&ランナーを直撃 Part.2 スポーツウェアは見た目主義!
Part.1 おしゃれでHAPPY! 女性ゴルファー&ランナーを直撃! 東海・名古屋エリアでも女性ゴルファーやランナーが急増中とか!?競技そのものを楽しむのはもちろん、ダイエットやストレス解消、お洒落なウェア、新しい出会いなど、プラスアルファの魅力が満載のスポーツライフを直撃しました。
Golfer 女性ゴルファーを直撃!
服部 愛子さん Aiko Hattori ゴルフ歴:約半年 最高スコア:123

■Profile
ZIP-FMミュージックナビゲーター。担当番組は 「CRUISIN’ GROOVE」 毎週金曜23:00~深夜1:00、 「Z-POP COUNTDOWN 30」 毎週土曜13:00~15:00

「自然からエネルギーをもらえるリゾートゴルフが最高!」

 周りにゴルフを始める友人が多く、そんな友人たちに誘われたのがきっかけという服部さん。「ゴルフ歴はまだ浅いのですが、月4回ペースでラウンドしてます。特にこれからの季節は天気もいいのでラウンドが楽しみ!大自然の中でプレイしていると、エネルギーをもらえる気がします。グアムやハワイ島でも回ったことがあるんですが、特にハワイ島のゴルフ場は、古い溶岩を切り開いて作られていたり、豪快な白波が見られたり…、ダイナミックな自然に囲まれて、その景色は圧巻でした!」と、リゾートゴルフにすっかり魅せられたそう。「リゾートに行くと、キュートなゴルフ小物を必ず購入。遊び心のあるデザインのボールやティーが見つかるんです。まだまだビギナーですが、お洒落もスコアアップも楽しみながら続けていきたいと思っています」

「春夏はマリンルックが気になります。買ったばかりのパーリーゲイツのマリンバッグは、ペットボトルが入るので大活躍!」

「春夏はマリンルックが気になります。買ったばかりのパーリーゲイツのマリンバッグは、ペットボトルが入るので大活躍!」

キラキラマーカーと、ハワイやサイパンで購入したというユニークなティー。

キラキラマーカーと、ハワイやサイパンで購入したというユニークなティー。

ウサギが付いたボールケースの中にはハイビスカス柄のボールを入れて。

ウサギが付いたボールケースの中にはハイビスカス柄のボールを入れて。

紫外線対策はロクシタンのヘアミストと、RMKのリップグロス。「日に焼けてしまうと、髪や唇がカサ付くので欠かせません」

紫外線対策はロクシタンのヘアミストと、RMKのリップグロス。「日に焼けてしまうと、髪や唇がカサ付くので欠かせません」

竹本 記子さん Noriko Takemoto ゴルフ歴:約5年 最高スコア:104

■Profile
名古屋を拠点とするモデル事務所 『SAIKURU』 のマネージャー。親戚や家族にもゴルフ好きが多いそう。愛用クラブはゼクシオ、オデッセイ。

「無理矢理始めたゴルフに今ではすっかり夢中です」

 「今年は100を切るのが目標」と話す竹本さんも、ゴルフを始めたばかりのころは散々だったとか。「前職が営業だったので、付き合いで半強制的に連れて行かれたのが初ラウンド。200以上をたたいて、途中でスコアを付けるのはやめました。最後は泣きながら回りましたね」。ゴルフが嫌いにならなかった?「そのことが悔しくて、スクールに通い始めました。今も週1ペースでスクールに通い、一人でも打ちっぱなしで練習しています」と、すっかり本気モード。「練習をして、本番でいいショットが出せたときの達成感がたまらないんです。大自然の中で思いっきりプレイするのは気持ちがいいし、年齢関係なくたくさんの人と知り合えるところも魅力。そして、プレイはもちろん美味しい食事や温泉など、一日たっぷり楽しめるのもゴルフならでは!始めれば楽しくてハマってしまうと思いますよ」

竹本さんの手には野球のバット。「バットを振って体重移動の練習をしています」

竹本さんの手には野球のバット。「バットを振って体重移動の練習をしています」

「ロンググローブやサングラスは春夏の必須アイテム。キャディバッグや腰にぶら下げられる口紅ホルダーは無印良品で見つけました」

「ロンググローブやサングラスは春夏の必須アイテム。キャディバッグや腰にぶら下げられる口紅ホルダーは無印良品で見つけました」

「ラウンドではカラーボールが見つけやすくておすすめ。父からもらったヴィトンのボールケースも自慢です」

「ラウンドではカラーボールが見つけやすくておすすめ。父からもらったヴィトンのボールケースも自慢です」

「雑誌などでゴルフ関連の情報チェックは欠かしません」。思わず買ってしまったという月刊「石川遼」も愛読。

「雑誌などでゴルフ関連の情報チェックは欠かしません」。思わず買ってしまったという月刊「石川遼」も愛読。

Runner 女性ランナーを直撃!→