上級編レシピ お菓子作りの腕前アピール!カラフルエクレア サクサクのシュー生地の中には甘さ控えめのクリームがたっぷり。手作りならではのリッチな味わいのエクレアです。チョコレートとイチゴ、抹茶の3つのフレーバーは、見た目にもカラフルでキュート! 渡した瞬間に、彼の顔が思わずほころびそう。
材料(約15個分)

<シュー生地>
牛乳 50ml
水 50ml
バター(無塩) 75g
塩 少々
 
<A>
薄力粉 50g
強力粉 25g
卵 3~4個
 
<クリーム>
卵黄 6個
グラニュー糖 120g
薄力粉 50g
牛乳 500ml
バター 50g
 
<チョコフレーバー>
生クリーム 30ml
(a)生クリーム 20ml
  製菓用チョコレート 20g
 
<イチゴフレーバー>
生クリーム 30ml
イチゴジャム 大さじ3
リキュール 大さじ1
 
<抹茶フレーバー>
生クリーム 30ml
抹茶 小さじ2
熱湯 小さじ2と1/2
 
<コーティング>
コーティング用チョコレート 適量
コーティング用チョコレート(イチゴ) 適量
コーティング用チョコレート(抹茶) 適量
アーモンドプラリネ 適量
 

下準備

・<A>の粉類は合わせてふるいにかけ、クリーム用の薄力粉もふるっておく。
・バターは溶けやすいよう1cm角に切る。
・天板にオーブンシートを敷く。
・オーブンは200度に温めておく。

作り方
1

鍋に牛乳、水、バター、塩を入れて火にかけ、沸騰させる。

2
粉っぽさがなくなり、なめらかになるまで木ベラで練るようにしっかりまぜてください。

沸騰したら、ふるった薄力粉、強力粉を一気に加え、中火にして木ベラでよくまぜ、生地が鍋肌から離れてまとまったら、火を止める。

3
シュー生地のタネは、やわらかくなりすぎないように卵をゆっくりと調整しながら入れてください。卵があまったら、(4)で使用します。

(2)に溶いた卵を少しずつ入れ、よくまぜる。卵は加減しながら入れ、最後の1個は様子を見ながら、木ベラですくって3秒くらいで落ち、木ベラに残った生地が三角形にひらひらするかたさに調整する。

4
絞り出すのはタネが温かいうちの方がうまくいきます。手際よく作業しましょう!また、オーブンを途中であけるとしぼんでしまうので、しっかり乾燥させてから取り出します。

絞り出し袋に(3)を入れ、1cmくらいの口金で、8~10cmくらいの長さに絞り出し、(3)であまった溶き卵(または水)をぬって形を整える。200度のオーブンで約15分、その後180度に下げて5~10分焼き、そのまま10分ほどオーブンに入れたまま、乾燥させる。

クリーム
1

焼いている間にクリームを作る。ボウルに卵黄をほぐし、グラニュー糖の半量を入れたら、泡立て器で白っぽくなるまでまぜ、ふるった薄力粉を加える。

2

牛乳と残りのグラニュー糖を鍋に入れて沸騰直前まで温め、(1)のボウルに泡立て器でまぜながら加える。

3
鍋底が焦げついてしまわないようにしっかりまぜましょう。焦げると味が落ちてしまいます。

(2)をこして鍋に戻し、まぜながら火にかける。とろりとしたら焦げないよう気を付けながらよくまぜ、ふつふつと小さく沸騰してなめらかになったら火からおろし、すぐにバターを加えて、とけるまでまぜる。

4
乾燥を防ぎ、なめらかな舌触りをキープするために、たっぷりの氷水で急激に冷やしてください。

(3)を大きめのボウルやバッドに移し、しっかりとラップをしたら、氷水などで急冷する。

5

3種のクリームを作ります。
<チョコレート>
(a)の生クリームを沸かし、火を止めてチョコレートを入れてとかしたら、生クリームと合わせて泡立てる。
<イチゴ>
イチゴジャムはリキュールでのばしておく。生クリームと合わせて泡立てる。
<抹茶>
抹茶は熱湯でダマにならないように練ってとかし、生クリームと合わせて泡立てる。

6 6
生クリームは、カスタードのかたさと同じくらいの七分立てに。かたく泡立てすぎてしまうとうまくまざりません。

(4)のクリームが冷えたら3等分し、3種のクリームをそれぞれまぜ合わせる。

仕上げ
1

コーティング用のチョコレートをそれぞれ別のボウルに入れ、
湯せんにかけてとかしておく。

2

焼き上がって冷めたシュー生地を半分に切り、絞り出し袋に入れたクリームを生地の下部にそれぞれ絞り出す。

3

湯せんで溶かしたコーティング用チョコレートを、生地の上部にスプーンなどでかけたら生地を重ね、チョコがかたまる前にアーモンドプラリネをふる。

 
Wrapping 可愛い年下彼氏の場合 エクレアのコロンとしたフォルムをいかして、ワックスペーパーでキャンディ包みに。包みをほどいて食べれば手も汚れません。1.ワックスペーパーでエクレアをくるくると包む。 2.ワックスペーパーの両端を絞って包んだら、キャンディ包みにしたエクレアをまとめてリボンをかける。 きさくな同僚・同級生彼氏の場合 カラフルなエクレアのビジュアルが見えるように、透明フィルムにリボンをかけてラッピング。さりげないのに可愛い仕上がりに。 1.エクレアを一つひとつクリスタルパックに入れ、トレーなどに並べる 2.透明フィルムでトレーを包み、リボンを結ぶ。 大オーガンジーの包みを開けるのが楽しいラッピング。カラフルなエクレアがチラリと透けて見えるのがポイント! 1.透明のボックスにペーパーパッキン(緩衝材)をつめ、クリスタルパックに入れたエクレアを並べる。 2.透明ボックスをオーガンジーの布で無造作に包み、オーガンジーのリボンで口を結ぶ。