中級編レシピ ピュアな気持ちを込めて…。 ホワイトガトーショコラ チョコレート菓子の定番ガトーショコラは、難しそうにみえて、材料をまぜて焼くだけとシンプルで、失敗なく上手に焼き上がります。今回は生クリームにチョコレートをまぜたホワイトクリームでデコレーション。ピュアで真っ白な気持ちをアピールして!
材料(15センチハート型1個分)

製菓用チョコレート(スイート) 90g
バター(無塩) 50g 
卵黄 3個
砂糖 30g
生クリーム 30g
リキュール(グランマニエ、コアントロー、ラム酒など) 大さじ2
 
<A>
薄力粉 30g
ココアパウダー 45g
 
<メレンゲ>
卵白 3個
砂糖 50g
 
<クリーム>
生クリーム 200ml 
製菓用ホワイトチョコレート 50g
粉砂糖 適量

下準備

・チョコレート、ホワイトチョコレートはそれぞれ細かく刻む。

チョコレートは細かく刻む。

・<A>は合わせてふるっておく。
・ハートのケーキ型にオーブンシートを敷く。
・オーブンは160度に温めておく。

作り方
1
チョコレートに水分は大敵!湯せんにかける場合は、湯気や水分が入らないよう、ボウルより一回り小さな鍋に湯を沸かし、ボウルの底に湯に当てるようにしましょう。

刻んだチョコレート(スイート)とバターをボウルに入れ、湯せんにかけてとかす。

2

別のボウルに卵黄を入れ、砂糖を加えて泡立て器でまぜ、白っぽくなったら(1)を加えてまぜる。

3

さらに生クリーム、リキュールを少しずつ加えながらまぜる。

4
メレンゲ作りに水分、油分は大敵!キレイなボウルで卵白を泡立てましょう。また、最初から砂糖を加えず、ある程度泡立ててから、砂糖を少しずつ加えて泡立てるとしっかり仕上がります。

別のボウルでメレンゲを作る。ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで少し泡立てたら、そこへ砂糖を2,3回に分けて加え、ツノが立つまでしっかり泡立てる。

5
メレンゲの泡をつぶさないように、ゴムベラで切るようにさっくりまぜます。まぜすぎると、焼き上がりがふっくらせず、かたくなってしまいます。

(3)に(4)の1/3量をまぜあわせ、(A)を加えてゴムベラで切るようにまぜたら、残りのメレンゲを入れてさっくりとまぜあわせ、型に流し入れる。

6
ケーキ型に流したら、左右に型を振って平らにし、底をたたいて空気を抜くと、仕上がりがきれになりますよ。

160度のオーブンで約45分焼き、焼き上がったらケーキクーラーの上で冷やす。

クリーム
1
ケこのとき、チョコレートがダマにならないよう、生クリームは少しずつ加えながらまぜてください。

冷ましている間にホワイトクリームを作ります。湯せんでとかしたホワイトチョコレートに生クリームを少しずつ加えながらまぜ、よくまざったら氷水に当てながら泡立てる。

2

冷めたケーキに(1)のクリームをかけてデコレーションし、仕上げに粉砂糖をふりかける。

 
Wrapping 可愛い年下彼氏の場合 紙皿にのせたケーキを中身が見える透明フィルムで包めば、ケーキの可愛らしさをいかした、簡単キュートなラッピングが完成!1.ケーキを紙皿にのせ、透明フィルムで包みトップ部分をホッチキスで留める。 2.バランスを見ながら、サイドも数か所をホッチキスで留め、トップにメッセージカードを飾る きさくな同僚・同級生彼氏の場合 さりげなく渡したいなら、ケーキの色と同じ真っ白な包装紙で包んだボックスにカラフルなリボンをかけて。 1.丸いボックスにケーキを入れたら、白い包装紙で包む。 2.4色の細いリボンをかけて結ぶ。 大人の年上彼氏の場合 赤いケーキボックスに赤い包装紙で作ったフタをして、リボンと花を飾った真っ赤なラッピング。あなたの本気度が伝わりそう! 1.市販のケーキボックスにケーキを入れたら、包装紙で作ったフタをする。 2.ボックスにリボンをかけて、花を飾る。茎部分にワイヤーが入った造花が扱いやすい。