オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
リリース

【湘南工科大学】「湘南ブレックファスト -- 0円朝食 -- 」、糸山英太郎育英基金の支援で提供開始から5年。利用者の授業出席率高く、GPA平均が大幅に上昇。

2018年11月8日 20時05分(最終更新 2018年11月8日 20時05分) 情報提供:



湘南工科大学(神奈川県藤沢市)では「朝食をとれ そして学べ!」を合言葉として、2014年から同大の学生を対象に「湘南ブレックファスト―0円朝食―」を提供している。このたび同大の大学情報室(IR室)は、データを分析して朝食参加回数と成績(GPA)、出席率との相関係数を算出。その結果、一定の相関関係があることが判明した。




 「湘南ブレックファスト―0円朝食―」は、朝食の欠食率が高い若者の食生活改善と、栄養バランスの取れた食事で更なる学修意欲の向上に繋がることを目的として2014年から行っている取り組み。学生は授業開講日の平日に、日替わりで用意された和食、または洋食の朝食を無料で食べることができる。提供にあたっては、糸山英太郎育英基金(*)から全額支援を受けている。

 提供開始から5年が経過し、このたび同大IR室はデータを分析。朝食の参加回数と授業への出席率、GPAとの相関を算出した。その結果、朝食への参加と出席率、GPAについては、一定の相関関係があることが判明した。朝食参加回数が増加すればするほど、学生が避けるイメージのある1限目の授業の出席率は高く、GPA平均が大幅に上昇している。

※詳細は添付PDFを参照。

■「湘南ブレックファスト―0円朝食―」利用について
【提供日】 月曜日~金曜日(授業開講日のみ)8:00~8:45
【場 所】 湘南工科大学 レストランシーサイド
【対象者】 湘南工科大学 学部生・大学院生
【内 容】 日替わりで用意された和食、または洋食のメニューを無料で提供
【利用方法】 注文時にSAMS(出席管理システム)を使用するため、学生証が必要

(*)糸山英太郎育英基金
 糸山英太郎(湘南工科大学総長・理事長)が、高い志を持つ学生を、社会に貢献する人材へと育成することを目的として設立した、私財からなる育英基金。

▼本件に関する問い合わせ先
湘南工科大学 大学事務局
市村省一郎
住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸1-1-25
TEL:0466-30-0222
FAX:0466-35-2055
メール:ichimuras@center.shonan-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

このページは、配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースをそのまま掲載しています。
内容に関するお問い合わせは、各情報配信元までお願いします。

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る