ペットピックアップ情報

新刊「十三匹の犬」加藤幸子著(新潮社 1944円)

 歴代13匹の飼い犬が語り手になり、その犬の一生と家族の歴史を語る、13章からなる長編小説。戦前の穏やかな札幌から、戦中~戦後の混乱期の北京、平成の東京までさまざまだ。犬たちも愛らしいだけでなく、臆病だったり凶暴だったり。一話一話に胸を打たれるドラマがある。

(2016年4月23日)