ペット大好き!情報
独特の魅力を持つテディー。「この姿でみんなを笑顔にしてくれます」と鶴田さやかさん=東京都内で
独特の魅力を持つテディー。「この姿でみんなを笑顔にしてくれます」と鶴田さやかさん=東京都内で
プロフィール

 つるた・さやか 1960年生まれ。故鶴田浩二さんの三女。テレビドラマ「家族」で女優デビュー。時代劇など多くのドラマ、舞台、映画に出演。またジャズシンガーとしても「All The Things You Are」(君は我がすべて)をリリース。ライブ情報は、本人の 公式ブログ で。

鶴田さやかさんとテディー オゴールデンドゥードル(オス 11カ月)

子どもに大人気
みんなを笑顔に

 大きなクマの縫いぐるみのような姿に、通り掛かる子どもたちも大喜びで近寄ってくる。鶴田さやかさんの愛犬は、その名も「Teddy(テディー)」。

 「優しい性格なので、子どもに何をされても平気です。テディーを見ると、みんな笑顔になってくれるのでうれしいですね」

 テディーは、ゴールデンドゥードルという犬種。ゴールデンレトリバーと、毛の抜けにくいプードルをかけ合わせた犬種で、当初はアレルギー体質の視覚障害者のために盲導犬を育てる目的だったという。性格の良さと個性的な姿で、ペットとしても人気上昇中だ。

 テディーもまだ若い遊び盛りなのに、盲導犬のように飼い主の足元にじっと伏せている。

 「外ではおとなしくしていますが、家では休む間もなく遊んでますよ。バスマットやら玄関マットやら、繰り返し私の所に持ってきます。あまりいたずらが過ぎると、ハウスに入りなさい!と言うんですが、意外に頑固でなかなか入ろうとしない。それでも前の犬に比べると、とてもしつけが楽ですね」

 テディーは鶴田さんの3匹目の愛犬。前の2匹も忘れがたいという。

 1匹目はスピッツの「梵天(ぼんてん)」。

 「とてもいい子でみんなに好かれ、大阪や名古屋の舞台のときも一緒に連れていきました。でも7歳の若さで死んでしまい、私は落ち込んで心療内科に行ったほど」

 そんな鶴田さんを見て、知人がプレゼントしてくれたのが、テリアの「Powder(パウダー)」。名前は、おいで歌舞伎役者の尾上右近さんの命名とか。

 「ところが、このパウダーがすごく悪い子。私を守ろうとするんでしょうが、お客さまや仕事のスタッフに対して過剰に攻撃的なんです。どうしようかすごく悩みましたが、幸い、とてもいい、犬のシッターと出会いました」

 シッターは気難しいパウダーと驚くほど仲良しになり、鶴田さんの留守中も安心して任せられるようになった。

 パウダーは13歳で天国へ。シッターは、鶴田さんが落ち込まないようすぐに子犬を探してくれた。そして、パウダーと姿が似て性格が穏やかなテディーがやってきた。

 「父(俳優の故鶴田浩二さん)も犬好きでシェパードを飼っていて、私もいつか大型犬を飼いたいと思っていました。犬との別れはつらいけれど、一緒に過ごす時間は素晴らしい。それに、このテディーのかわいさったら、ない! 甘やかさないように、気を引き締めていきます」

(文・宮晶子、写真・五十嵐文人)