ペット大好き!情報
「末永くお付き合いをしていけるのがうれしい」と、カエルのたまに話しかける高田夏帆さん=東京都内で
「末永くお付き合いをしていけるのがうれしい」と、カエルのたまに話しかける高田夏帆さん=東京都内で
プロフィール

 たかだ・かほ 東京都出身。2013年芸能界デビュー。以降さまざまなドラマやCMなどに出演中。17日スタートのドラマ「表参道高校合唱部!」にレギュラー出演。8月4日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演予定。

高田夏帆さんとたま クランウェルツノガエル(メス 1歳)

おっとり王女様
幸運の癒やし系

 バラエティー番組やドラマなどで活躍中の高田夏帆さん。趣味は「カエルの散歩」。クランウェルツノガエルという珍しい種だ。南米のアルゼンチン、パラグアイ、ボリビアにまたがる大平原グランチャコの、雨期と乾期が分かれる標高700メートル以下に生息しているという。

 高田さんがいとおしそうに見せてくれたのは、美しいペパーミントグリーンにマーブル模様が入っているカエル。涼やかな瞳は聡明(そうめい)そうで、目の上は金色に光って見える。得意顔で、満足そうな風情。「たま」という名だ。

 「1年くらい前に、父が大きなオタマジャクシを買ってきてくれました。最初は灰色のような色でしたが、徐々に尻尾がなくなり、1カ月くらいして、学校から帰ったら、陸に上がっていました! 小さな500円玉くらいのサイズでしたが、こんなに大きくきれいな色になったんです!」

 わが子の成長を喜ぶ母親のように語る高田さん。今では、15センチ近くにまで成長した。丸い体はアンパンくらいのサイズで、興奮すると大きく膨らむ。水槽から出してもらうと、よろよろと歩く。まるで赤ちゃんがハイハイをしているよう。肉球らしきものもあり、ぷっくりしていてかわいい。

 「もう、これ以上は大きくならないらしいです。寿命は10年くらいというので、今後も末永くお付き合いしていけるのがうれしい」

 とはいえ、この種は肉食だ。生き餌を食べる食性もあり、時には、どう猛な個体もいるという。また、オスのカエルは大きな声で鳴くので飼育困難になることもあるらしいが・・・。

 「運良く、たまちゃんは女の子だったので、鳴かないですね。それに餌はパウダー状のものを練って与えています。性格はとても温厚で、いつもはケージの中の藻に隠れています。でも、ある時、父が無理やり口を開けようとしたら、怒ってかまれました。レディーの口を開けようとするから当たり前ですね」

 オタマジャクシ時代から人間と一緒に暮らしているので、自分を家族の一員のように思っているようだとも。

 「自分を王女様と思っているみたい。私がお世話するのも当然って様子(笑)」

 世話のしがいもある。たまが来てから高田さんの仕事運が急上昇したからだ。

 「オーディションの時に、審査員の方たちと、たまちゃんの話になって盛り上がることがよくあります。そうするとかなりの確率で合格できたので、感謝しています。それに毎日、たまちゃんを見ているだけで癒やされ、幸せな気持ちになりますから」 

 ラッキーアイテムとしても知られるカエル。たまは、これからもたくさんの喜びを、もたらしてくれるだろう。(文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)