ペットピックアップ情報

飼い主が望む寿命 犬16歳、猫17歳 平均より2歳長く

 ペット関連企業や獣医師らでつくる「ペット長寿国プロジェクト」が、全国の犬猫のオーナー1000人を対象に昨年10月実施した調査で、全うしてほしい寿命の平均は、犬が16.1歳、猫が17.7歳という結果が出た。

 一般社団法人ペットフード協会による犬猫の飼育実態調査(2013年度)の寿命と比べ、いずれも2歳程度長かった。ペットの長寿を望む一方で、健康寿命を延ばすためのケアの知識について、「十分にある」とした回答は16.6%にとどまったという。

(2015年2月28日)

◆新刊 「はじめまして インコ きもちと育て方がわかる」松本壯志監修(池田書店 1080円)
写真
 監修者は飼い鳥のレスキューを行うNPO法人「TSUBASA」代表。さまざまな理由から手放された鳥を引き取り、新たな飼い主を探す活動を続けている。本書ではインコの健康で幸せな活動をサポートするノウハウを細やかに紹介。