ペットピックアップ情報

飼い主の一人暮らし率 猫派は犬派の1.7倍

 一人暮らしは「猫がお好き?」―。ペットのアンケートサイト「ペット総研」が9月に実施した「ペットオーナーのライフスタイル」に関するアンケートに、こんな傾向が表れた。犬オーナーの一人暮らしが9.3%にとどまったのに対し、猫オーナーは、その約1.7倍に当たる16.1%に達したという。

 両派の居住形態については、いずれも一戸建て(持ち家)が最多だったものの、犬オーナーが54.8%と半数を超えたのに対し、猫オーナーは46.0%だった。

 関心事を問う設問にも差異が表れ、犬オーナーは「健康」「家計」「結婚」が、猫オーナーは「就職・転職」「美容」「住まい」などが目についた。

 ペット総研は「回答結果に犬猫オーナーの平均像が浮かび上がったのではないか」とみている。アンケートの有効回答者は1237(女性777、男性460)人。

(2014年11月22日)

◆新刊「猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ブック」石野孝、相澤まな監修 関由香写真(KADOKAWA 1296円)
写真
 猫を飼いたいけれど、さまざまな理由でためらっている女性のための一冊。「パートナーと同居が決まったら」「妊娠・出産したら」「仕事が忙しくなったら」など、生活の変化に応じた猫ライフの楽しみ方を解説。