ペット大好き!情報
東ちづるさんに抱き上げられるエイト(右)と、ゲット=東京都内で
東ちづるさんに抱き上げられるエイト(右)と、ゲット=東京都内で
プロフィール

  あずま・ちづる 広島県出身。会社員生活を経て芸能界に入り、テレビ、ドラマ、講演などで活躍。20年以上ボランティア活動を続けている。その活動や、幅広い芸能活動で得たものをつづったエッセー「らいふ」(講談社)発売中。

東ちづるさんとエイト、ゲット メインクーン(オスとメス ともに1歳)

犬っぽさ全開!
水もへっちゃら

 女優の東ちづるさん宅を訪れると、玄関口にのっそりと現れ、静かに歓迎してくれたのは、大きな山猫のようなメインクーンのエイト。ふわふわの毛並みと堂々とした体格。尻尾をぴんと立て、ゆっくりと近づいてくる姿は感動的ですらある。

 頭の先から尻尾まで約1メートル。もふもふの尻尾が40センチほどもある。生後11カ月で、すでに体重は約8キロもあった。いったい、どこまで大きくなるのやら?

 「家にいらっしゃる方がびっくりして、後ずさりすることもあります(笑)」

 メインクーンは「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるように、猫の中で最も大きな種類の一つ。性格は穏やかで、頭がよいという。近くに来たエイトは、来客を怖がりもせず、そのにおいを慎重にチェックし始めた。まるで犬のようだ。安心できるらしいと判断したのか、一緒にリビングまでついてきた。

 しばらくして登場したのが同じくメインクーンのメスのゲット。オスのエイトより一回り小ぶりだが、目が美しく、より野性的な風貌。やはり犬さながらの好奇心で訪問者を吟味する。

 「ペットを飼おうと夫と話した時、夫は犬、私は猫と意見が分かれました。それなら『犬のような猫』と定評があるメインクーンがいいねということになったんです」

 そのころ、東さんが自らの活動を通して知り合った人にメインクーンのブリーダーがいた。生後3カ月の子猫が5匹いると聞いて面会。エイトとゲットを兄妹で求めた。

 「夫の会社名の一部からオスをエイトに、メスは私が理事長をしている、障害のある人や生きづらさを抱えた人などを支援する一般社団法人『Get in touch』からゲットと名付けました」

 同法人は「違う」ということをハンディにしない、誰も排除しない社会を目指して活動している。さまざまなイベントを企画・開催して多忙な毎日を過ごす東さんだが、この2匹には大いに癒やされている。

 「今までたくさんの猫を飼ってきましたが、こんなに犬的なのは初めて。体の模様や習性がアライグマに似ていることから、英語のラクーンが反映され、命名されたと聞きます。ゲットはアライグマのように水浴びが大好きで、水を出すと自ら頭を入れてくるんですよ」

 フェイスブックに公開された、アライグマのような映像も好評。多くの人から驚嘆の「いいね!」が届いているという。

 (文・宮西ナオ子、写真・木口慎子)