ペットピックアップ情報

9割以上の飼い主 歯磨き毎日できず
犬のデンタルケア調査

 8日の「いい歯の日」にちなみ、ペット関連企業でつくる「ペット長寿国プロジェクト」が、犬のデンタルケアについて調査。「9割以上の飼い主が、犬の歯磨きを毎日できていない」という実態が浮かんだ。調査対象は全国の犬の飼い主500人。89%が「犬のデンタルケアは必要」と認識しながら思うように取り組めていないようだった。

 「愛犬の口臭が気になる」との回答は7歳以上の犬で過半数。一方で、6割の飼い主は愛犬の歯の異常を動物病院に見せたことがなかった。

 調査を監修した戸田功獣医師は「硬い食べ物を与えていれば大丈夫という誤解も多い。犬の歯は人間より弱く、歯を折る犬も少なくない」と指摘。その上で「小型犬は大型犬より歯周病になりやすく、毎日のケアが大切。特に高齢犬は、表面がきれいでも鼻やあごなど内部で化膿(かのう)し、重症化することもある」と注意を促した。

(2014年11月8日)

◆新刊「チョビのくれた日々」石田敦子文 内田玉男絵(青娥書房 1620円)
写真
 チョビと名付けられた雑種犬と、飼い主一家の心温まるエピソードが満載。人の言葉を理解し、気配り上手なチョビは町の人気者。おかげで、そこらじゅうの人たちと知り合いになった一家の喜びや安らぎが、ほのぼのとした絵とともにつづられている。