ペットピックアップ情報

犬・猫の飼い主半数が「ねだられたら」おやつ

つい、おやつを与えてしまうのは、どんなとき?

 ペットの健康ケア情報をウェブサイトから発信する「Petwell」と、ペットフード販売の日本ヒルズ・コルゲート(東京)が犬・猫の飼い主約400人を対象に共同実施した幸福度調査によると、回答のトップが「ねだられたとき」(犬オーナー51.4%、猫オーナー49.5%)、2位が「寂しい思いをさせたとき」(犬50.5%、猫49.5%)という結果が出た。

 Petwellでは、かわいい顔でねだられたり、寂しい思いをさせた後ろめたさがあると、ペットを甘やかしてしまう飼い主の姿が浮き彫りになったとみている。

 一方で「おやつはしつけのトレーニングのとき」との回答も、犬オーナーは47.2%あった(猫は14.3%)。こちらは「しつけの時間が飼い主とのコミュニケーションになる、いいおやつの与え方」(専門家評)だという。

(2014年10月18日)

◆新刊「漫画で楽しむ! とっておきの文鳥生活」伊藤美代子著(誠文堂新光社 1404円)
写真
 40年以上にわたりたくさんのブンチョウと暮らしてきたという著者が、その魅力の数々を、美しい漫画と写真を織り交ぜてつづる。「人の心を理解する」「場の空気を読む」などの特性から、「もう一歩近づくための裏ワザ」までを細やかに紹介。