ペット大好き!情報
加藤夏希さんの愛犬アイラ(手前)とムム。2匹は仲良しで、いつも元気いっぱい=東京都内で
加藤夏希さんの愛犬アイラ(手前)とムム。2匹は仲良しで、いつも元気いっぱい=東京都内で
プロフィール

かとう・なつき 1985年生まれ。秋田県出身。10代から女優、モデルなどで幅広く活躍。各地のファッションショーにも参加。2010年には秋田県を全国にPRする「あきた美の国大使」を委嘱された。活動の詳細は本人のブログで。

加藤夏希さんと愛犬2匹 アイラ(ミックス、メス 6歳) ムム(マルチーズ、メス 1歳半)

シャンプー協力
すっかり仲良し

 事務所に、愛犬「アイラ」と「ムム」を連れてきた加藤夏希さん。2匹は早速、追い掛けっこを始めた。大きいアイラは愛嬌(あいきょう)たっぷりで、初対面の人にもゴロンとおなかを出す。

 「実は小さいころは、とても臆病だったんですよ」と意外な話を始めた。

 6年前、初めて犬を飼おうと決心。譲渡犬を探すうち、アメリカン・コッカー・スパニエルとトイプードルのミックスという個性的な子犬を見つけた。廃業するブリーダーが無償で譲るという。

 「トップモデルのタイラ・バンクスにちなみ、タイラと名づけました。でも男の子に間違われるので、アイラと改名したんです」

 家に来たアイラは、机の下などに隠れて、なかなか心を開かない。犬に詳しい友人にアドバイスを求めた。

 「室内にアイラの安心できるハウスを作ることや、繁殖しないなら早いうちに不妊手術をすることなど、いろいろ教えてもらいました。それに保育士の母はアイラの扱いもうまく、芸などを教えてくれたんです」

 努力のかいあり、次第に心が通じ合っていった。だが、一気に距離が縮まったのは夏のキャンプの時だった。

 「その友人とアイラを連れて山へ行き、川で水泳を初体験させたり、自然の中で遊ぶうち、飼い主が頼れる存在だと思ってくれたようです」

 “林間学校”で一皮むけたアイラ。だがもう1つ、問題が。人にはなついても、他の犬と仲良くできないのだ。

 「そんな時、偶然ペット店でムムに出会い、一目ぼれしたんです。アイラにも友だちがほしいと思いました」

 ムムという名は、友人の愛犬の名をもらった。

 最初のうち、アイラはムムに対して無視を決め込み、ムムが遊ぼうと寄ってくると高い所に逃げこむ始末。

 だがある日、加藤さんがムムのシャンプーを始めた時、ムムのすごい悲鳴を聞きつけたアイラが心配そうにやってきた。そしてまるで「大丈夫だよ」とムムに教えるように、自分が平気でシャンプーをされた。

 「おかげでムムはシャンプーを克服し、アイラも犬との付き合い方を学びました。いろんな経験をさせることで、犬の可能性が広がっていく。素晴らしいですね」

 今年結婚した加藤さん。夫も犬好きで、2匹の面倒をよく見るとか。

 「最近、夫と、3匹目がほしいねーなんて言ってるんですよ」

 新婚家庭はますますにぎやかになりそうだ。(文・宮晶子、写真・木口慎子)