ペットピックアップ情報

寄生虫予防・ワクチン 飼い主の9割以上実施 愛犬の生活と健康調査

 ペット保険のアニコム損保(東京)が6月、契約者を対象に「愛犬の生活と健康に関する意識調査」を実施したところ、回答した計2302人の97.1%が「(寄生虫の)フィラリア予防をしている」を、同91.7%が「混合ワクチンを定期的に接種している」を選んだ。

 また「散歩などで十分に運動させている」という回答が67.5%、「健康診断を年に1度以上受けている」との回答も66.0%に上った。アニコムは「飼い主が普段から愛犬の健康状態を強く意識している」と分析している。

 生活については「室内での飼育」が95.7%に達し、庭の犬小屋で暮らすという、かつてのイメージは薄れた。食餌面でも、多い順に「市販のフード」(44.4%)、「年齢別フード」(24.3%)、「手作り食」(18.8%)となり、飼い主の残り物を与えるという、ひと昔前の習慣は見られなくなった。

(2014年7月19日)

 ◆新刊「猫の急病対応マニュアル」佐藤貴紀著・監修(鉄人社、1296円)
写真
 愛猫の異変に気づいた飼い主が、仕事や動物病院の休診などを理由に、すぐに受診できないケースがある。獣医師が監修した本書は、そうした場合に飼い主が慌てないよう、主な病気の症状と原因、応急処置ができるものについてはその方法までを説明した。