ペット大好き!情報
タレントの山田花子さんと、愛犬JULIET=東京都内で
タレントの山田花子さんと、愛犬JULIET=東京都内で
プロフィール

やまだ・はなこ 1975年生まれ。大阪府出身。中学時代からタレント活動を始め、吉本新喜劇などで人気を得る。映画やCMなどでも活躍。「ルミネtheよしもと」(東京)などの出演情報は吉本興業の HP で。

山田花子さんとJULIET チワワ(メス 3歳)

ライバル視した
息子とも仲良く

 ライブやテレビで活躍中のお笑いタレント山田花子さん。愛犬の名は、「JULIET」(以下、ジュリエット)。もちろん、あの悲劇の恋物語「ロミオとジュリエット」からとった名前だ。山田さん、実は、ロマンチストなの?

 「主人がつけた名前です。彼はオペラの『ロミオとジュリエット』が大好きなんです。私としてはもっと和風の名前のほうがいいなあと思ったんですけど・・・」と笑う。

 犬を選んだのも夫。ペット店へ見に行ったとき、3匹のチワワがいて、夫が1匹を抱っこしたらペロッとなめられた。そこで「この犬がいい!」とすっかり気に入ったという。

 「私はほんとは白い長毛の犬がいいなと思っていたんですが・・・。でもジュリエットは、歯並びが悪くて舌をペロッと出しているところが逆にかわいいなと思いました」

 初めて飼う室内犬だったが、いたずらもせず、おとなしいので、しつけは楽だったという。夫もジュリエットをかわいがり、犬の洋服などにも自分の好みを優先させているとか。「私が買ってきたスイカ柄の服を、ダサイ!といって着させないんです」と苦笑する。

 箱入り娘として育ったジュリエット。だが、2年ほど前、ライバル登場!夫妻に長男が誕生したのだ。

 ジュリエットは当然息子に焼きもちを焼くようになり、テレビのCMに出てくる赤ちゃんにもほえるほど。親子3人で外出すると、ひとり留守番していたジュリエットはスリッパの上にウンチをして抗議。

 でも山田さんはあえて、息子と愛犬を一緒にいさせて、どちらも同じようにかわいがるよう心掛けた。

 「ある日息子に湿疹ができて、皮膚科で診てもらうと、犬アレルギーだと。でも先生は、具合がひどいときだけ離して、それ以外のときは一緒にして大丈夫ですよと言ってくれました」

 ジュリエットには室内でも服を着せて毛が飛ばないように。やがて、湿疹もおさまったという。

 「最近では息子が保育園から帰ってくると、ジュリエットがいつも後ろからついて歩くんです。息子の行動に興味津々なんですね」

 この前、ふと見ると、息子が犬のおもちゃを投げて、ジュリエットと遊んでいた。大人と同じ遊び方をいつのまにか覚えたのだ。友達になれる日も近いかも・・・。

 「主人がどちらかのいたずらをこらっとしかると、ふたりとも自分のことかと思って振り向くので、笑っちゃいますね。わが家は4人家族という感じです」

 (文・宮晶子、写真・高嶋ちぐさ)