ペット大好き!情報
DJのケイ・グラントさんと愛犬のジャッキー・ブラック・グラント=東京都練馬区で
DJのケイ・グラントさんと愛犬のジャッキー・ブラック・グラント=東京都練馬区で
プロフィール

けい・ぐらんと 1988年J-WAVEの深夜番組でデビュー。2010年歌手としてデビュー。現在は09年から続くBS11「家電’sWalker」のMCを担当するほか、テレビ、映画などでも活躍中。自身のバンドKGBでは、横浜・長者町のFRIDAYでライブ活動を展開している。最新情報は 公式サイト で。

ケイ・グラントさんとジャッキー・ブラック・グラント スタンダードプードル(オス 1歳4カ月)

やんちゃ盛りも
ご主人には忠実

 「あれは何?黒い羊?」

 公園を散歩する人が思わず振り返る不思議な動物は、黒いスタンダードプードル。ラジオDJ、ナレーター、司会者、歌手などさまざまな分野で活躍しているケイ・グラントさんのペット、ジャッキー・ブラック・グラントだ。モコモコの毛並みで体重は約30キロ。大柄なケイさんと一緒だと、さらに人目を引く。

 外に出て、うれしくてたまらない様子のジャッキーは、ふがふがと息を荒らげて活発に歩く。体は大きいが、まだ1歳3カ月。やんちゃ盛りで跳びはねたり走ったり。前のめりに進み、引きも強いから、女性や子どもではこの勢いに引きずられてしまいそう。

 そこはスイミングクラブのコーチやボディービルのトレーナーを経てきたケイさん。堂々としたリードさばきで、身じろぎもしない。はしゃぎすぎるジャッキーに対し、DJや歌手で磨かれた声で、一言「NO!」と低く響く声で命じると、すぐにおとなしくなり、立ち止まってアイコンタクトをとる。ケイさんを親愛なるリーダーと認めている様子だ。

 「家族の中で私が家にいる時間は一番少ないと思いますが、ジャッキーにとっては最も怖い存在なのでしょうね」

 かわいがりながらも甘やかさず、あくまでもしつけには厳しい。犬の扱い方にはかなりなれていると見た。

 「実は以前ポインターを飼っていたのですが、自動車にはねられ悲しい結末に・・・」

 以来、犬を飼うのを控えてきたが、このたび家族全員の要請に応えた。友人の紹介で京都から求めた。航空機で羽田に到着したジャッキーは、道中、怖い思いをしたのか、最初の3日間、ほえもしなかった。でも実際は遊び好きの甘えん坊。今ではケイさんの家族全員に愛されて、のびのびと大きく成長中だ。

 ケイさんは仕事の関係で明け方に帰宅することも珍しくない。家族の起床前、しばしジャッキーを仕事部屋に連れていき、一対一で触れ合う時間を楽しんでいる。ピンク色の壁と、古きよき時代のアメリカンアンティーク雑貨が所狭しと飾られている部屋に、黒いジャッキーはよく似合う。

 過密なスケジュールのためか、2度も重篤な心筋梗塞を発症したケイさん。しかし今年のお正月は17年ぶりで家族全員が実家にそろい、年を越した。母親の飼うティーカッププードル、妹のトイプードル、そしてジャッキーと3種類のプードルもめでたくそろった。

 「健康が回復し、家族全員でオーソドックスな新年を迎えられました」。大型家族を愛するケイさんはとてもうれしそうだった。

 (文・宮西ナオ子、写真・稲岡悟)