ペット大好き!情報
リング上で大はしゃぎ。宮内彩香さんと遊ぶアコ(左)とコア=東京都台東区で
リング上で大はしゃぎ。宮内彩香さんと遊ぶアコ(左)とコア=東京都台東区で
プロフィール

みやうち・あやか 1983年生まれ。東京都出身。初代タイガーマスク佐山聡さんの門下生。昨年6月にWPMF(世界プロムエタイ連盟)およびWMC(世界ムエタイ評議会)の世界ミニフライ級チャンピオン、今年9月にはWPMFピン級チャンピオンに。試合などの情報は 公式サイト で。

宮内彩香さんとビワ ミニチュアピンシャー(どちらもオス 3歳)

じゃれ合う2匹
格闘技の勉強に

 タイの国技である格闘技ムエタイの女子世界チャンピオンとして、昨年から王座を守り続けている「リトルタイガー」こと宮内彩香さん。

 愛犬も、りりしさと愛らしさを併せ持つミニチュアピンシャーの「コア」と「アコ」。宮内さんにぴったりのイメージだ。

 東京都台東区にある所属ジム「ウィラサクレック・フェアテックス・ムエタイジム」に連れられてきた2匹は、リングの周りで走り回って大はしゃぎ。ジムの人に叱られないかと心配していると、ジム会長の愛犬プードルもやってきて、2匹の追いかけっこに参戦!

 「会長も犬好きなので大丈夫ですよ」と宮内さんはにっこり。なんともなごやかなジムなのだ。

 宮内さんも試合のイメージとは違い、普段は常に優しいほほえみをたたえ、温かい雰囲気。犬たちもすっかり甘えている。

 子どものころから犬と暮らしてきたという宮内さん。

 「以前ドーベルマンを飼っていたので、できればまた飼いたかったんですが、やはり大型犬は大変だろうと、体形が似ているミニチュアピンシャーにしました」と話す。

 宮内さんの試合でいつもセコンドを務める妹の琴香さんと相談して2匹を選んだ。ふたりの名前の頭文字を取って、コア、アコと名付けた。

 「最初はコアを、しばらくしてアコを、別々のペットショップで見つけたんです。血のつながりはないんですが、兄弟のように育ちました」

 兄貴分のコアは宮内さんに、弟分のアコは琴香さんになついているとか。

 「アコはいつも先輩のコアを立てていますが、時々、取っ組み合いをするんです。見ていると勉強になりますよ。まず、攻撃の出入(ではい)りがうまい。一瞬で相手のすきをついて懐に入っていくんです。静から動への切り替えも見事です」

 普段は家で犬たちと一緒に過ごす時間が多い宮内さん。トレーニングの合間の昼寝と、夜寝るときはいつも隣にコアがくっついている。ところが、海外の試合などで留守にすると、コアは落ち込んでハウスに閉じこもってしまうとか。

 「留守中、寂しい思いをさせてしまうのが悩み。だから、それ以外はなるべくストレスを与えないように気をつけています。犬は飼い主の感情を敏感に受け取りますから、まず私自身が穏やかであること。そして思いやりを忘れないように心がけています」

 格闘家として「不動心」を大切にしている宮内さん。コアとアコは、強い飼い主にしっかり守られているようだ。

 (文・宮晶子、写真・高嶋ちぐさ)