ペット大好き!情報
「外では怖がりなんです」。森カンナさんの腕にしがみつくホリー=東京都内で
「外では怖がりなんです」。森カンナさんの腕にしがみつくホリー=東京都内で
プロフィール

もり・かんな 1988年生まれ。富山県出身。ファッション雑誌のモデルを経て女優に。ドラマ「仮面ライダーディケイド」「ショムニ2013」などに出演。今月はドラマ「遺留捜査スペシャル」にゲスト出演する。

森カンナさんとホリー ジャック・ラッセル・テリア(オス 2歳)

運命的な出会い
家に幸せを呼ぶ

 女優として活躍する森カンナさん。愛犬は、ジャック・ラッセル・テリアの「ホリー」。活発な犬種といわれるが、ホリーはおとなしい性格。森さんのマネジャーが抱っこしても、おなかを見せてじっとしている。

 「初めからジャック・ラッセル・テリアを飼おうと思ったわけではなかったんですが、ホリーとは運命的な出会いだったんです。私と同じ富山県出身で、誕生日も同じ6月22日だったんです」と、目を輝かせて話す森さん。

 出会いは東京都内のペット店。愛らしい子犬のデータを見たら、偶然にも出身地と誕生日が同じ。感激した森さんは、ぜひとも飼いたいと思ったが、「よく考えよう」といったん店を出た。

 近くの喫茶店で悩んだ揚げ句、「やっぱりやめよう」と立ち上がって、ふと外を見ると、壁のデジタル時計が6時22分。「やっぱり運命だ!」。大逆転の決心だった。

 実は、森さんの家には長いことパグの「ミント」がいたが、数年前に死んでしまい、家族は皆、「2度と悲しい思いはしたくないから、犬はよそう」と話していた。だが森さんだけは、家族が元気になるために新しい犬が必要だと信じ、探していたのだった。

 その日、運命の子犬を連れ帰り、家族全員を居間に集めて披露した。一同「キャーッ!」と大喜び。森さんの愛読書「ティファニーで朝食を」の主人公から命名した。

 「やはり家族にはよかったです。特に祖母には驚きました。少し前に腰を痛めて寝てばかりいたんですが、ホリーが来た翌日からいそいそと起きてきて、遊んだり世話したりでビックリ。犬の力はすごいですね」

 以来、祖母はホリーの散歩係。しつけ係は森さんだ。「前のミントのときから、しつけはいつも私なんです」

 ドラマの「ショムニ2013」では小悪魔的な女性役だった森さんだが、実際はクールな訓練士タイプのよう。

 「でもホリーは最初からおとなしくて、いたずらもなく、しつけは本当に楽でしたね。ただ、外ではビビリ屋さんで、トラックなどが来ると、固まってしまいます」

 撮影のため外に出たときも、たちまち不安げな表情になり、森さんにしがみつくホリー。すっかり飼い主に頼りきっている。

 最近は一人暮らしを始め、家に帰ってホリーと会えるのは月に数回という森さん。

 「私が帰ると、ホリーはキュンキュン鳴いて離れません。一緒に連れていきたいなーと思いますが、祖母や家族にとってもホリーは元気の源ですから。ずっとみんなを幸せにしてもらいたいですね」(文・宮晶子、写真・由木直子)