ペット大好き!情報
「いつまでも長生きしてほしいですね」とピーチを抱く桐山漣さん=神奈川県内で
「いつまでも長生きしてほしいですね」とピーチを抱く桐山漣さん=神奈川県内で
プロフィール

きりやま・れん 1985年生まれ。神奈川県出身。ミュージカル「テニスの王子様」、テレビドラマ「仮面ライダーW」に出演、以後数々のドラマや映画に出演。28日から主演映画「東京闇虫(やみむし)」が公開(東京を皮切りに順次全国で上映予定)される。

桐山漣さんとピーチ ミニチュアダックスフント(メス 15歳)

一番優秀な末娘
お手伝い大好き

 ドラマや映画で活躍中の俳優・桐山漣さん。ペットは、15歳になるミニチュアダックスフントの「ピーチ」。通称ピーちゃん。ドアが開くやいなや元気に走り出てきた様子は、まったく高齢には見えない。

 「最近は散歩も行かず、家の中で過ごすことが多いんですが、ピーちゃんは、よその15歳の犬より元気で若いと思います」と、桐山さんも自慢する。

 ピーちゃんを迎えたのは桐山さんが中学生のとき。弟と一緒に「犬を飼いたい」と盛り上がった。そこで母が犬の雑誌でブリーダーを探し、子犬を見にいった。

 「4匹の中から、ピンときた子犬を選びました。名前は、母が(ゲームの)スーパーマリオブラザーズのピーチ姫から名付けました」

 桐山さんの直感は当たったようで、ピーチはとても優秀。教えれば教えるほど、次々特技を身に付けた。

 「郵便物が来ると玄関まで取りにいくし、僕らが靴下を脱ぎっ放しにしていると、洗濯機まで持っていってくれるんです。それも、ちゃんと両足分、探して持っていくから、偉いなーと」

 言葉も理解し、母が「お兄ちゃんのシャツ持ってきて」「タオル持ってきて!」と言えば、ちゃんと桐山さんの部屋まで行って取ってくる。息子たちと違って?お手伝い大好きなのだ。

 「母も、うちで一番優秀なのは末娘のピーちゃんだと言っています」

 だが、ピーチのお手伝いの目的は、ご褒美のおやつらしい。

 「ご褒美を出すと、もっともっととせがみます。食べ物に対する執着は、相当なものですね。スイカやリンゴ、豆腐や海苔(のり)も大好き。母がみそ汁を作り始めると、豆腐をもらおうと走っていきますよ」

 バランスの良い食事が健康の源なのか、10歳の時に乳がんの手術を受けたが、その後も食欲は一向に衰える気配はないとか。

 「目や耳は悪くなってきましたが、歯だけは動物病院でほめられるほど丈夫なんだそうです」

 桐山さんは現在、実家を離れて一人暮らし。だが、ピーチとは電話でおしゃべりしているという。

 「ふだんは、ふつうにワンワンなんですが、僕がしばらく実家に帰らないでいると、大声でワンワンずっと怒ってるんです。『たまには顔を見せなさい!』と説教してるんでしょうね。でも実家の主役はピーちゃんだから、僕がいなくても大丈夫です」

 家族を守ってくれるピーチ。長生きして、20歳の“成人式”を迎えてもらうのが桐山さんの願いだ。

 (文・宮晶子、写真・高嶋ちぐさ)