ペット大好き!情報
おもちと散歩する花井瑠美さん。「赤いハーネス(胴着)がかわいいでしょ」=東京都内で
おもちと散歩する花井瑠美さん。「赤いハーネス(胴着)がかわいいでしょ」=東京都内で
プロフィール

はない・るみ 1987年生まれ。東京都出身。21歳まで新体操選手として活躍し、2度日本代表に。その後モデルとなり東京コレクションにも参加。この夏、女優として活動全開。

花井瑠美さんとおもち シバイヌ(メス 10カ月)

同性の嫉妬にも
マイペース守る

 この夏公開の映画「ジェリー・フィッシュ」に主演し、女優デビューした花井瑠美さん。元新体操選手らしく、はつらつとした足取りで、愛犬「おもち」を撮影場所に連れてきてくれた。

 おもちは、その名の通り白くてプックリした体つきで、まだあどけなさが残る。

 「家族には変な名前!と笑われましたが、子犬の時は、ほんとにお餅みたいにモッチリして、かわいかったんですよ」と花井さん。

 出会いは昨年の秋。茨城県の友人の家にシバイヌが生まれたと聞き、見にいった。飼うつもりはなかったが、5匹の子犬の中でもひときわ個性的なおもちに、一目ぼれしてしまったのだ。

 「でも、うちにはトイプードルが2匹いました。3歳になるプリンス(オス)とティファニー(メス)。兄が結婚して家を出る前に飼い始めた犬で、今は私が世話しているんです」

 悩んだものの一大決心し、初めて自分で選んだ犬を迎えた花井さん。3匹の世話は大変では?

 「意外に大丈夫です。おもちはおとなしい性格で、散歩も少しだけで満足しちゃうんです。実家も近いので、仕事が忙しいときは両親に預けるようにしています。犬というより、自分の子どものような感覚で育てています。3匹の性格がそれぞれ違うので、とても面白いんですよ」

 プリンスは、優しくて素直な性格。いたずらを「ノー!」としかると、すぐウルウル涙を流す、いまどきの草食系男子。だが、おもちとはすぐ仲良く遊ぶようになった。

 片やティファニーは、プライド高き女王様で、「かわいい!」と褒められることが大好き。おもちに対してはメス同士のせいか、嫉妬心を抱きつつ微妙な接し方をしているとか。

 「犬もメス同士は複雑だなあと。私も初めての映画で女性同士の愛や嫉妬を演じたので、なんだか納得です」

 だが同じメスでも、おもちのほうは実にマイペース。

 たとえば、トイプードル2匹は、花井さんが帰宅すると、はしゃいで飛びついてくるが、おもちは一歩引いてクールに眺めているだけ。夜も、トイプードルたちは、花井さんのベッドに上がって一緒に寝るが、おもちは決して上がってこない。

 感情表現は控えめなおもちだが、うれしい時は、足を全部伸ばして、うつぶせに寝ている姿がほほえましいとか。

 「3匹とも性格が違うんですが、不思議なことに、みんな私と似ている感じ。それぞれが私と共通する部分を持っているんですね」と分析する。犬はいつでも飼い主の鏡のような存在なのかも。

 (文・宮晶子、写真・高嶋ちぐさ)