ペット大好き!情報
原めぐみさんと愛犬たち。左からキャンディ、チャッピー、テディ。「3匹の関係はなかなか複雑で・・・」=東京都内で
原めぐみさんと愛犬たち。左からキャンディ、チャッピー、テディ。「3匹の関係はなかなか複雑で・・・」=東京都内で
プロフィール

はら・めぐみ 横浜市出身。1980年デビュー、アイドル歌手として活躍。91年に結婚を機に引退したが、2009年に音楽活動を再開。今年9月、復帰後初の本格的アルバム「WORDS OF LOVE」をリリースする。詳しくは ホームページ で。

原めぐみさんと3匹のトイプードル テディ(オス 9歳)キャンディ(メス 9歳)チャッピー(メス 7歳)

黒一点には甘く
リビングで同居

 芸能活動に加え、インテリアショップのオーナーとしても多忙な生活を送る原めぐみさん。そんな彼女を癒やしてくれるのが、3匹のトイプードルだ。中でもお気に入りが黒一点のテディ。まさに目の中に入れても痛くない、というほどのかわいがりよう。  だが、もともとは犬が大嫌いだったという。

 「子どものときに犬にガブッと噛まれたことがあるんです。それに犬はほえるし、よだれを垂らしているし、汚いし、嫌いでした。完全な猫派で、アメリカンショートヘアを飼おうと思ってペットショップに行きました」

 ところが、店内に貼られていた不思議な生き物の写真に目がくぎ付けになった。

 「熊のぬいぐるみみたいでした。トイプードルだと知り、あまりの愛らしさに、私もテディベア・カットにして飼いたいと思い、ネットで調べまくりました。そして私の誕生日プレゼントに、千葉のブリーダーに行って求めました。それがテディ」

 手のひらに乗るくらい小さくて、壊れそうなほど頼りない存在だった。

 「ところが、トイプードルなのに、みるみるうちに大きくなって、今では体重9キロくらい。抱き心地がよくて、気に入っていますけど・・・」

 テディと出会ってから、一気に犬大好き人間に変身した原さんは、いろいろなペットショップに行っては犬を見るようになった。そのときに出会ったのがキャンディ。

 誕生日がテディと同じだったので、何かの縁を感じ、キャンディも家に迎えた。しばらくは夫婦2人と犬2匹で暮らしていた。2年後、せっかくの女の子だからということで、キャンディに産んでもらったのがチャッピー。父親は残念ながらテディではない。

 「キャンディ親子にとっては、テディは単なるおじさん。だからこの3匹の関係がなかなか複雑で、キャンディ、チャッピー連合が、テディを敵対視するんですよ」

 そこで原さんは1階に犬部屋を増築。エアコン完備、ドッグバスや犬の洋服用のロッカーを備えたぜいたくな空間だ。ここにキャンディ親子が住まうことになった。

 それではテディは?テディだけは特別扱いで、原さんたちとリビングに一緒にいる特権を持っている。しかも、ちょっとした日帰り旅行などに同行するのは、常にテディだ。

 「キャンディ親子には悪いけれど、どうしてもテディは別格。私の子どものような存在です」

 テディをぎゅっと抱きしめ、頬ずりをする原さん。その横のソファでは、キャンディ親子も、原さんの夫にぴったり寄り添い、甘えていた。

 (文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)