ペットピックアップ情報

「寄付型自販機」設置を呼び掛け 動物愛護団体支援

写真

 NPO法人「寄付型自動販売機普及協会」(東京都世田谷区)が、全国の動物愛護団体への寄付を募るサイトを運営する「アニマル・ドネーション」を支援する自販機を企画、設置者を募集している。

 寄付型自販機は、本体に支援団体の名称などを掲示し、飲料を購入すると代金の一部が自動的にその団体へ寄付されるという仕組み。誰でも手軽に社会貢献できるという点がミソ。今回の場合は、アニマル・ドネーションに寄付され、最終的に動物愛護団体へ送られる。

 同協会はこれまで、「国境なき医師団日本」などを支援する寄付型自販機を企画しており、動物愛護関連では大阪府の保護施設「日本アニマルトラスト」の自販機がすでに約15台設置されているという。

 設置に初期費用はかからないが、自販機の電気代は設置者の負担となる。希望の飲料メーカーを選べ、集金から空き缶回収まで管理はすべて契約専門業者が行う。

 設置者の利益は飲料1本につき25~30円といわれ、その中から10円程度を寄付に回すのが一般的だという。同協会では「動物病院やドッグランなどに設置してほしい。個人も歓迎します」と話している。

 問い合わせは、同協会=(電)(0120)937650。

(2013年7月6日)