ペット大好き!情報
アイカさんの腕に抱かれる愛。「とてもおとなしい子です」=東京都内で
アイカさんの腕に抱かれる愛。「とてもおとなしい子です」=東京都内で
プロフィール

あいか 兵庫県宝塚市出身。大阪音楽大大学院オペラ科修了。2期会のオペラ「カルメン」ミカエラ役でデビュー。阪神淡路大震災以降はサウンドセラピストとして全国各地の舞台で活躍。2011年5月「福島チャイルドサポート」を立ち上げ、被災地での公演活動や伊勢神宮など神社仏閣で奉納演奏を行う。

Aikaさんと愛 ロングコートチワワ(メス 8歳)

怒らず見守る姿
私に教えてるの

 美しい声と心に響くメッセージでファンを魅了するAika(アイカ)さん。ペットは8歳のロングコートチワワの愛と、2歳のスムースコートチワワのピナ。関西に住むアイカさんが、撮影用に連れてきてくれたのが、毛を短くカットされた愛だった。

 「どちらを連れて行くか迷いましたが、ピナはおてんば娘で落ち着かないので、温和な愛を連れてきました」

 愛は、撮影時以外「ワン」とも言わない。耳だけは敏感に動かして人間の会話を聞いている。

 「娘が小学校4年生のときでした。クリスマスプレゼントに真っ白いチワワが欲しいということで、ペットショップに行ったんです。その時、まだ4カ月だったこの子がいました。目が合ったら『連れて行って~』という顔をして見上げました。私たちも愛に一目ぼれ・・・」

 そのまま家に連れ帰った。以後、愛との生活は穏やかに流れていった。

 「愛は、本当におしとやか。この子を見ていると、舞妓(まいこ)さんの生まれ変わりじゃないかと思うことがあります」

 ピンクのかんざしや着物が似合いそうな雰囲気。チントンシャンという三味線の音に合わせて首をかすかに振りながら、静かに座っているようなイメージだという。

 「人間の感情を読むんでしょうね。私の機嫌が悪いと、すっとどこかに消えてしまい、機嫌が戻るまで隠れています(笑)」

 長い間、1人っ子だった愛だが、娘も成長し、アイカさんの仕事も多忙で留守番も多くなった。そこで愛が寂しくないようにと昨年、ピナを迎えた。

 「チワワっておとなしい犬種で、女の子同士でまったり過ごすのかと思っていたのですが…。愛とピナはまったく違う性格。2匹の関係を見ているのはすごく面白いですが、どうやら愛の方は迷惑に思っているようです」

 ピナはすごくやんちゃで、愛を相手にいつもじゃれている。しつこく顔や頭をたたいたりするのだが、愛は怒ったり、やり返したりすることもなく、ピナを優しく見守っているという。

 「ピナは私にそっくりで、ガウガウとうるさいですが、愛はどんなにたたかれてもピナを許しています」

 そしてアイカさんに教えてくれるのだという。

 「『ママ、やられてもやり返しちゃダメよ』『もうちょっとお上品にね』って(笑)。この子は私にいろいろなことを教えるためにやって来たのではないかしら、と思ってしまいます」

 そんな話を聞きながら、愛はじっとウルウルした瞳でアイカさんを見つめていた。(文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)