ペットピックアップ情報

ペットのけが、事故 約4割が居間で発生

 ペットのけがや事故を経験した飼い主は約5割-。ペット保険大手のアニコム損害保険(東京都新宿区)が行ったアンケートで、そんな結果が出た。10月に同社の「どうぶつ健保」契約者に対しネットで実施、有効回答は2329人。

 けがや事故の経験を尋ねたところ、47.7%が「ある」と答えた。けがや事故で最も多かったのは「異物誤飲」の15.1%で、7匹に1匹の割合で発生していた。それ以外では「脱臼」「外傷」「骨折」も多かった。

 発生場所では、「リビング」が39.1%と最も多かった。「ケージの中や周辺」「椅子・ソファや周辺」「キッチン」などでも発生しており、ペットが日常的に過ごす場所でのけがや事故が目立つ。自宅外では「散歩中」22.8%、「公園・ドッグラン」12.1%が多かった。

 また「異物誤飲」「脱臼」「骨折」はリビングで、「外傷」は散歩中に多く発生していた。「抱っこしていて落とした」など飼い主が関わる事故も多かった。

(2012年11月17日)

◆新刊「うちの犬(ムク)、知りませんか?」(たかぎなおこ著、文芸春秋、1155円)
写真
 著者が小学5年生の時、学校に迷い込んできたやせっぽちの犬・ムク。一目会ったその日から家族になる予感が・・・。野原を一緒に駆け回った愛犬ムクとの16年間を描いたコミックエッセー。オールカラー。